学術会議、改革素案「現行の形態が最も望ましい」 井上担当相に提示

  • 産経ニュース
  • 更新日:2021/04/07

日本学術会議の梶田隆章会長は7日、東京都内で井上信治科学技術担当相と面会し、学術会議の設置形態について「現行の国の組織がナショナルアカデミーとしての役割を発揮するためには最も望ましい」とする組織改革の素案を示した。

一方で、素案には「国の組織以外の形態についても引き続き検討する」とも記載され、今後も議論する余地が残されていたという。面会後、井上氏が記者団の取材に明らかにした。

井上氏は学術会議側からの報告に対し、「もし国の組織のまま残るのあれば、学術会議には国の組織としての責任をしっかり果たしてもらいたい」と注文を付けた。

素案の詳細は8日に開かれる学術会議の臨時幹事会で示され、21日からの学術会議の総会で議論される。井上氏は「さらなる検討を進めた上で、より良い報告書をいただきたい。しっかり私も注視していきたい」と述べた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加