中国のモノ貿易額、WTO加盟20年で9.3倍に

中国のモノ貿易額、WTO加盟20年で9.3倍に

  • 新華社通信
  • 更新日:2022/01/15
No image

中国のモノ貿易額、WTO加盟20年で9・3倍に

天津港太平洋国際コンテナふ頭に停泊する貨物船。(2021年12月18日、小型無人機から撮影、天津=新華社記者/趙子碩)

【新華社北京1月15日】中国国務院新聞(報道)弁公室は14日、2021年のモノ貿易状況に関する記者会見を開き、税関総署の李魁文(り・かいぶん)報道官兼統計分析司長が関連状況を説明した。世界貿易機関(WTO)加盟から20年に当たる21年、中国のモノ貿易額が40兆元(1元=約18円)に迫った。01年の4兆2200億元から05年には10兆元、10年には20兆元、18年には30兆元の大台を突破し、20年間で9.3倍となった。特に12年からの10年間は、24兆4千億元から39兆1千億元となり、14兆7千億元増加した。

世界の貿易額全体に占める割合は、01年の4%から21年1~9月の13.5%に拡大し、13年には世界トップとなった。21年はドル建てで6兆ドル(1ドル=約114円)の大台を初めて突破した。

欧州連合(EU)や米国、日本、韓国など従来のパートナーとの地位は安定しており、21年の中国のモノ貿易額の38.3%を占めた。さらに東南アジア諸国連合(ASEAN)、アフリカ、中南米、ロシア、インドなどの新興市場の開拓にも力を入れ、これら貿易パートナーとの貿易額が全体に占める割合は01年の16%から21年には30.7%まで高まっている。ASEANは20年に中国にとって最大の貿易パートナーになり、21年には14.5%を占めトップを維持した。「一帯一路」沿線諸国との貿易円滑化が進み、貿易規模が絶えず拡大しており、貿易均衡・ウィンウィンの発展を促している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加