アトレティコがバルサ下す レアルはビジャレアルとドロー

アトレティコがバルサ下す レアルはビジャレアルとドロー

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/11/22
No image

20-21スペイン1部リーグ第10節、アトレティコ・マドリード対FCバルセロナ。勝利を喜ぶアトレティコ・マドリードの選手(2020年11月21日撮影)。

【AFP=時事】20-21スペイン1部リーグは21日、第10節の試合が行われ、アトレティコ・マドリードは1-0でFCバルセロナに勝利し、優勝へ弾みのつく白星を挙げた。一方のバルセロナは、ここ約30年で最悪のリーグ序盤戦を送っている。

アトレティコは前半終了直前、相手のジェラール・ピケとGKマルクアンドレ・テル・シュテーゲンのミスからヤニック・フェレイラ・カラスコが無人のゴールへロングシュートを決めて先制。対するバルセロナはリオネル・メッシも低調で、試合をひっくり返すことができなかった。

これでアトレティコは、バルセロナとのリーグ戦では10年ぶりの勝利を挙げ、消化試合が一つ少ないながらもレアル・マドリードと勝ち点3差、序盤のリーグ戦を引っ張っている首位レアル・ソシエダと同勝ち点の2位に浮上した。

一方のバルセロナは10位に低迷し、8試合を消化しての勝ち点11は1991-92シーズン以来最低の数字となっている。ロナルド・クーマン監督は「どんな監督でもそうだが、責任は自分にある」「結果を改善しなければならないのは分かっている。選手への信頼はなくさない」とコメントした。

アトレティコのシーズンになりそうな印象を強めるかのように、レアルも好調ビジャレアルと1-1で引き分け、またしても勝ち点を取りこぼした。

開始わずか105秒でマリアーノ・ディアス・メヒアがゴールを決め、先制したレアルだったが、徐々に勢いをなくすと、後半にジェラール・モレノのPKで追いつかれ、主力を欠くチームは引き分けに持ち込むのが精いっぱいだった。

それでもジネディーヌ・ジダン監督は「見返りが小さいと感じる」「きょうのプレーなら、もっと大きな結果がふさわしい。選手の頑張りを考えると不満がある」とコメントした。

チームは公式戦ここ7試合で3勝しかできていない状態で、25日にはインテルとの重要な欧州チャンピオンズリーグのアウェーゲームに臨む。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加