萩谷楓は10000m31分55秒04の3位「原点に戻って謙虚に」今後は距離延ばす意向も/全日本実業団

萩谷楓は10000m31分55秒04の3位「原点に戻って謙虚に」今後は距離延ばす意向も/全日本実業団

  • 月陸Online
  • 更新日:2022/09/23
No image

◇第71回全日本実業団対抗選手権(9月23~25日/岐阜・長良川)1日目

全日本実業団対抗選手権1日目に行われた女子10000mは、カマウ・タビタ・ジェリ(三井住友海上)が31分17秒40で優勝。2位にカムル・パウリン・カベケ(ルートインホテルズ)が31分20秒02で続き、日本人トップの3位に萩谷楓(エディオン)が入った。

オレゴン世界選手権5000m代表の萩谷。「ペースは考えずに海外選手について行こうと思った」という。スローな流れから2、3周目にペースが上がり「少し速いと思ってしまった」と気後れし、3000m付近からはトップ集団と離れてしまった。「海外では当たり前で、あそこでついて行かないとズルズル行くのはわかっていました。我慢するのが大事」と悔やむ。タイム面でも「自己記録(31分35秒67)くらい出れば駅伝にも弾みがついたと思いますが……」と、31分55秒04に唇を噛んだ。

昨年の東京五輪に続いてオレゴン世界選手権にも出場。だが、15分53秒39と世界の壁に跳ね返された。気持ちが切れてやる気が湧かないほど落ち込んだという。「原点に返って、長野東高校時代のように謙虚に」と初心を思い出し、「国内で3位以内に入っても世界を考えれば差がある」と、もう一度這い上がる構えからリスタートを切った。今は「時間が解決してくれる部分もある」と、駅伝に向けて気持ちを入れている。

「今後は距離を延ばしていきたい」と萩谷。以前から挑戦したいという思いを持つマラソンへの準備も徐々にしつつ、「種目を限定せず」と1500mを含めてスピード、スタミナ、レース経験などを磨いていく。再び世界へ立つために。原点回帰した萩谷の逆襲が始まる。

月陸編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加