寝ている赤ちゃんのもとに我が子をくわえて“見せにきた”母猫(米)<動画あり>

寝ている赤ちゃんのもとに我が子をくわえて“見せにきた”母猫(米)<動画あり>

  • Techinsight
  • 更新日:2021/07/21
No image

母猫の“サマー(Summer)”が生後1か月の子猫をくわえ、寝ている人間の赤ちゃんのもとに連れてくる動画が話題になっている。飼い主の女性は「サマーは自分の子を私の赤ちゃんに見せにきたのよ」と言葉を添えており、TikTokにこの動画が投稿されると7万8000件を超えるコメントが届き、反響を呼んだ。

No image

ブラッサムちゃん(下)と、子猫を再び連れてきたサマー(画像は『Pearl’s Ragdolls 2021年7月17日付TikTok「Blossom’s smile at the end」』のスクリーンショット)

米テキサス州フォートワース在住のパールさん(Pearl)は「ぬいぐるみ人形」という意味を持つネコの品種“ラグドール”のブリーダーをしている。両親が猫のブリーダーで幼い頃から猫に囲まれて育ったパールさんは、独立してから最初に飼い始めたラグドールに心を奪われ、同種専門のブリーダーになった。

そんなパールさんは今年4月に長女ブラッサムちゃん(Blossom)を出産、6月には1歳半になる愛猫“サマー”が5匹の子猫を産み、現在は子育てと10匹の猫の世話に追われている。

パールさんはラグドールのことを「鮮やかなブルーの瞳と絹のようなフワフワの被毛が特徴で、とても社交的なの。そして私の愛らしいラグドールはよく、部屋から部屋へ移動して後を追ってくるわ。寄り添って一緒に遊びたくて仕方ないのよ」と述べており、SNSには自宅でのびのびと暮らす猫たちの動画や写真を投稿している。特にTikTokはフォロワー数が78万人を超えるほどの人気で、パールさんが猫たちに愛情をたっぷり注いでいるのがよく分かる。

その中でも注目されているのが今月11日に投稿された動画で、主役は母猫サマーだ。サマーは口に子猫をくわえており、床の上で寝ているブラッサムちゃんのもとに近づいてくる。小さな猫はぬいぐるみのようにも見えるが、サマーが口を離すと生後1か月を過ぎた子猫が動き出した。

パールさんが「なんでブラッサムのところにベイビー(子猫)を連れてきたの?」と聞くと、サマーは何かを訴えようとしているのかひたすらミャオミャオ鳴き、その場を去ろうとする子猫をとどまらせようと足を出す。

ブラッサムちゃんはぐっすり寝ており微動だにしないが、パールさんは「サマーは私の赤ちゃんに子猫を見せたかったのよ。だって子猫がキュートなんですもの」と言葉を添えており、動画には「まああ、ほんとうに可愛い」「きっと子猫に『この赤ちゃんのように寝なさいよ』と言っているのよ」「人間の赤ちゃんに特別なつながりを感じているのよ」「赤ちゃんも自分の子供だと思っているのでは?」「一緒に遊んで欲しかったのかも」「特別な瞬間をシェアしてくれてありがとう」「私もラグドールが飼いたくなった。ゴージャスな猫ね!」といった声があがった。

なおパールさんは17日にも、サマーが子猫をくわえてブラッサムちゃんのもとにやってくる動画を投稿しており、コメント欄にはたくさんのハートマークが並んだ。

ちなみに昨年9月にはカナダのある女性のもとに、餌をあげて世話をしていた野良猫が子猫を連れてやってきた。野良猫は6匹の子猫を窓の外に1匹ずつ並べてお披露目をしたという。

https://youtu.be/JW2gQ2yTiR8

画像は『Pearl’s Ragdolls 2021年7月11日付TikTok「Summer wanted to show off her baby to my baby」、2021年7月17日付TikTok「Blossom’s smile at the end」』『Pearl’s Ragdolls 2021年6月2日付Instagram「Summer had 3 girls and 2 boys.」』『Pearl 2020年5月17日付Instagram「My girl Summer is getting so big and fluffy these days」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加