競歩男子20キロ山西「結果にこだわる」  日本選手権で五輪代表3選手が激突

競歩男子20キロ山西「結果にこだわる」 日本選手権で五輪代表3選手が激突

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/23
No image

オンライン会見に参加した山西利和(右から2人目)ら五輪代表選手=提供:日本陸上競技連盟

競歩の日本選手権20キロ(21日、神戸市六甲アイランド甲南大周辺コース)に出場する有力選手が20日、オンラインで会見を行った。男子は東京五輪代表の山西利和(25)=愛知製鋼、高橋英輝(28)=富士通、池田向希(22)=東洋大=が参加した。

優勝した昨年大会以来1年ぶりの20キロレースに臨む山西は「挑戦とか取り組みに対する答え合わせだと思っている。しっかり結果にこだわっていきたい」と意気込んだ。

今大会は五輪代表の3選手が激突。例年は世界大会などの代表選考会が兼ねられているが、今回は一切なく「本当の意味で日本一を決める戦いになる」と山西。高橋も「2人がいないと日本選手権で優勝しても日本一とは言えない」と気合を入れた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加