桜島 連続噴火停止も新たな噴火 噴煙高さ1800メートル

桜島 連続噴火停止も新たな噴火 噴煙高さ1800メートル

  • MBCニュース
  • 更新日:2022/09/23

噴煙が最高で火口上1700メートルまで上がった、桜島南岳山頂火口の連続噴火について、気象台は午後4時に基準未満となったとして、連続噴火が停止したと発表しました。

連続噴火は23日午後1時35分の噴火からおよそ2時間半継続していました。

またその後桜島の南岳山頂火口では午後4時40分に新たな噴火が発生し、噴煙が火口から1800メートルの高さまで上がっています。

桜島では噴火警戒レベル3の入山規制が継続していて、気象台は桜島の火山活動はそのレベル3の範囲内としています。

No image

桜島 連続噴火停止も新たな噴火 噴煙高さ1800メートル

MBC南日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加