コストコの80個超『チョコレート・オブ・ザ・ワールド』はどうなの? 種類やコスパをチェックしてみた

コストコの80個超『チョコレート・オブ・ザ・ワールド』はどうなの? 種類やコスパをチェックしてみた

  • mitok
  • 更新日:2022/01/21
No image

コストコで販売されている『チョコレート・オブ・ザ・ワールド』をご存じでしょうか。

その名のとおり、各国のブランドチョコ6種類80個超を詰め合わせた、お得アソートボックスです。シェアチョコ用にもおすすめです。

コストコ|チョコレート・オブ・ザ・ワールド|1,598円

No image
No image

コストコのPB「KIRKLAND Signature(カークランドシグネチャー)」の商品『チョコレート・オブ・ザ・ワールド』は1,598円(税込、品番 1538867)。907g分の個包装チョコが詰まった、アソートボックスとなっています。

以前にポット容器タイプをご紹介したことがありますが、2022年版は紙パック仕様となり、中身も変更されているようです。

No image

メーカーの異なるチョコが6種類入り。個数等の内訳は以下のとおりです。

ミルクキャラメルアップルタタン(Milk Caramel Apple Tatin) …… 155g(参考18個)

メキシカンホットチョコレート(Mexican Hot Chocolate) …… 139g(参考12個)

シーホースプラリネトリュフ(Seahorse Praline Truffle) …… 177g(参考17個)

キャラメルプラリネ(Caramel Praline) …… 141g(参考5個)

オレンジクリームトリュフ(Orange Cream Truffle) …… 170g(参考21個)

ヘーゼルナッツトリュフボール(Hazelnut Truffle Balls) …… 125g(参考10個)

今回チェックしたものは83個入り。単純なコスパは1個あたり約19円です。

どんなチョコが入ってる?

No image

こちらは「ミルクキャラメルアップルタタン」。原産国はフランス、イヴ・チュリエス(Yves Thuries)製。1個(約12g)あたりのカロリーは約61kcal。

とろ〜りキャラメルフィリングに林檎フレーバーまじり。フルーティな甘い香りと熱いチョコ&キャラメルの組み合わせがクセになるやつですね〜。

No image

こちらは「メキシカンホットチョコレート」。原産国はカナダ、ブロックマン(Brockmann’s)製。1個(約13g)のカロリーは約66kcal。

シナモンまじりのチョコです。甘くスパイシーなフィリングとビター系チョコシェルの個性派となっています。

No image

こちらは「シーホースプラリネトリュフ」。原産国はベルギー、ギリアン(Guylian)製。1個(約10g)あたりのカロリーは約57kcal。

ギリアンのトレードマークであるタツノオトシゴ(シーホース)型。ホワイトチョコ×ミルクチョコのマイルドで熱っぽい甘さがイイんです。

No image

こちらは「キャラメルプラリネ」。原産国はイタリア、カファレル(Caffarel)製。1個(約13g)あたりのカロリーは約70kcal。

微細なカリカリ食感がクセになるやつ。フィリングに塩キャラメル片が混ざっているんです。塩気がチョコに馴染みすぎて存在感は薄めなんですけど、渋い香ばしさは悪くないですね〜。

No image

こちらは「オレンジクリームトリュフ」。原産国はアメリカ、ディレッタント(Dilettante)製。1粒(約12g)あたりのカロリーは約65kcal。

ざっくり言えば “オレンジ牛乳チョコ” かな。オランジェットほどのほろ苦い甘酸っぱさではなく、もっとマイルド。香料強めのプチチョコです。

No image

こちらは「ヘーゼルナッツトリュフボール」。原産国はスイス、スイスデリス(Swiss Delice)製。1粒(約15g)あたりのカロリーは約82kcal。

その名のとおりにヘーゼルナッツの甘やかな香りが印象的なチョコです。ジャンドゥーヤのような濃さではないけど、じわじわ香り立つ感じですね。

シェアチョコにどうぞ

No image

6種類のひとくちチョコが80個超入りでコスパよし。『チョコレート・オブ・ザ・ワールド』はシェアチョコにちょうどよいですね。

mitok編集スタッフ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加