DeNAが後半戦3連勝で勝率5割に復帰 大貫は今季中日戦4連勝で8勝目

DeNAが後半戦3連勝で勝率5割に復帰 大貫は今季中日戦4連勝で8勝目

  • ベースボールキング
  • 更新日:2022/08/05
No image

DeNA・三浦大輔監督

● 中日 2 - 4 DeNA ○
<14回戦・バンテリンドーム>

セ・リーグ3位のDeNAは、後半戦負け無しの3連勝で借金を完済し、7月20日以来2週間ぶりに勝率5割に復帰した。

2連勝後に降雨ノーゲームを挟んで名古屋に乗り込んできたDeNAは、2番で起用された楠本泰史が3回二死一・二塁から先制の左前適時打を放つと、5回は8番・嶺井博希で加点し、6回には佐野恵太、牧秀悟、宮﨑敏郎のクリーンアップ3連打でリード拡大。今季初対戦だった大野雄大から6回までに4点を奪った。

投げては今季の中日戦で3戦3勝と好相性を誇る大貫晋一が、初回一死一・二塁のピンチでダヤン・ビシエドを併殺に打ち取り窮地を切り抜けると、5回までスイスイと無失点ピッチング。4点リードの6回に攻め込まれたが、なんとか2失点でこらえるクオリティースタートで先発投手の役割を果たした。

7回以降は伊勢大夢、エドウィン・エスコバーがパーフェクトリリーフでつなぎ、山﨑康晃が今季22セーブ目でシャットアウト。大貫は6回5安打2失点で今季8勝目(4敗)を手にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加