Juice=Juice金澤朋子がグループを卒業「この選択を正解にしていけるよう、自分の体も大切にしながら精進したい」

Juice=Juice金澤朋子がグループを卒業「この選択を正解にしていけるよう、自分の体も大切にしながら精進したい」

  • WEBザテレビジョン
  • 更新日:2021/11/25
No image

ファンへメッセージを送る赤いドレス姿の金澤朋子  ※提供写真

ハロー!プロジェクトに所属するJuice=Juiceが、11月24日に神奈川・横浜アリーナで「Juice=Juice Concert 2021〜FAMILIA〜 金澤朋子ファイナル」を開催した。同公演はJuice=Juiceにとって1年ぶりとなる単独でのホールコンサートで、横浜アリーナでの公演はグループ初。また、2013年の結成当初にはサブリーダーを務め、2019年に初代リーダーの宮崎由加が卒業してからはリーダーとしてグループを牽引した金澤朋子が、同公演をもってグループを卒業した。

【写真を見る】初期メンバーとして苦楽を共にしてきた金澤朋子と植村あかり

会場には約6500人のファンが集結。開演前から会場は金澤のメンバーカラーである“リンゴ色”(※結成当初はメンバーカラーに合ったフルーツが設定されていて、金澤は赤=リンゴだった)に一色に。さらに、声援禁止のため、金澤にエールを送るかのように、ファンは三拍子で“と・も・こ”と手拍子をして幕開けを盛り上げた。

ライブは2ndシングル「イジワルしないで 抱きしめてよ」でスタート。金澤の印象的な歌唱である“私はローズクォーツ”のパートにファンは大盛り上がり。その後は12月22日(水)に発売される最新曲「Future Smile」、メジャーデビュー曲「ロマンスの途中」と続けて披露した。

最初のMCで、リーダーの金澤は「Juice=Juice久しぶりの単独ライブでもありますし、初めての横浜アリーナコンサートですし、新メンバーの3人にとっては初めての単独ライブ。この10人体制では最初で最後のライブ」と初めてづくしのライブをアピールし、「私、金澤朋子にとってはラストステージになります。本当にドキドキなんですけど、その分、気合十分です!」と力強く意気込みを明かした。

MC後は2021年7月に加入した新メンバーの有澤一華、入江里咲、江端妃咲を除くメンバーで「DOWN TOWN」「Va-Va-Voom」「好きって言ってよ」「素直に甘えて」「ポツリと」と連続でパフォーマンス。グループをパフォーマンスで牽引するメンバーたちが、それぞれの個性や成長した姿を見せた。

「DOWN TOWN」では井上玲音がクールにラップを披露すると、「Va-Va-Voom」では2020年に卒業した宮本佳林のソロの見せ場を、松永里愛が元エースに負けず劣らずのパフォーマンスで会場をグッと引き込んだ。また、「好きって言ってよ」ではいつも元気な笑顔が魅力の段原瑠々が、大人の表情で会場を魅了した。

その後は新メンバーも加わり、最新シングルに収録される竹内まりやの「プラスティック・ラブ」カバーを歌い上げた。

有澤、入江、江端の新メンバー3人が「如雨露」をフレッシュに歌い上げると、続いては金澤と各メンバーのシャッフルユニットコーナーへ。「プラトニック・プラネット」(金澤、段原、松永、江端)、「TOKYOグライダー」(金澤、稲場愛香、工藤由愛、有澤)と、ライブの人気ナンバーを畳み掛けた。

そこから、グループとして初のオリコンウイークリーチャート1位を獲得した「Wonderful World」(金澤、井上、入江)を歌い、金澤は最後に初期メンバーの植村あかりと「シンクロ」をパフォーマンス。225公演ツアーやワールドツアーなど、Juice=Juice結成当初から苦楽を共にしてきたグループに残る唯一の同志との“シンクロ”した姿を見せていた。

その後披露した「Magic of Love」は、歌の途中でファンの「ここだよ朋子!」と合いの手が入る楽曲。今回の公演は声援禁止のため、ファンの声を代弁するかのようにメンバーが最後の「ここだよ朋子!」を叫び、会場全体が一体になる感動的なシーンとなった。

また、3人で歌を披露した新メンバーがここまでの思いを告白するMCも。江端が「リハーサルの時は1回やるたびに誰かが間違えてしまうくらい。たくさん練習して、3人で話し合ってきたので、本番で楽しく終わってよかったです」と語ると、入江は「一生懸命頑張ってきて、この景色を見ることができてとっても幸せです」と涙を見せ、有澤は「夢の中にいる感じ。感謝しかない」とコメントした。

金澤が「続いては、とってもいい曲を歌います。私も笑顔で歌い切れるように頑張りたいと思う」と言うと、今回の公演のタイトルでもあり、12月22日(水)発売のシングルに収録される「Familia」をパフォーマンス。笑顔で歌いたいと話していた金澤だが、歌いながら目頭を押さえるしぐさも見せた。

本編ラストには、夢に向かって突き進む歌詞が心に響く「Goal〜明日はあっちだよ〜」を披露した。

アンコールでは、赤いドレス姿の金澤が1人でステージに登場し、「あなたを想う通り道」をしっとりと歌い上げた。

続いて金澤は昨年卒業した宮本佳林も歌った「続いていくSTORY」を披露。卒業する金澤が卒業していった同期への気持ちや、Juice=Juiceの新しい物語を紡いでいってほしいという後輩メンバーへの思いをにじませながら歌うと、2番からは他のメンバーも加わった。

そして、金澤は卒業に対する思いを告白。「ハロー!プロジェクトが大好きな普通の女子高校生だった私は、サイン入りポスター欲しさに応募したカラオケコンテストがきっかけとなり、今ここにいます。人前に出ることが決して得意ではなく、安心や安定を好み、冒険、挑戦といったことが大の苦手だった私にとって、この世界は無縁だと思ってました。ひょんなきっかけと奇跡の連続で、約9年間の活動につながり、本来ならあるはずのなかった多くの出会いに恵まれたこと、心から感謝しています。Juice=Juiceの金澤朋子として活動することができたこれまでの期間、私の人生とって誇りであり、宝です。他の何にも変えることのできない大切で尊い時間でした。私は1人では何もすることができない人間でした。ここまで頑張ってくることができたのは、本当にたくさんの方の支えがあって、そして心強い仲間いてくれたからです」と語った。

さらに、メンバーへのメッセージも。新メンバーの3人には「前だけ向いてとにかくがむしゃらに頑張っていってほしいと思います。すくすく成長していってください!」と話し、工藤と松永には「まさに対照的って言った2人。今となっては、お互い正反対だからこそ理解し合って、支え合って、お仕事の関係だけではない強い絆で結ばれたチームワーク、最強だと思います。“ゆめりあい”(=2人の愛称)の成長が、グループの成長につながっていくと思う」とエールを送った。

グループへの加入した経緯、経歴がバラバラの段原、井上、稲場には「たくさん努力しているのが伝わりました。Juice=Juiceを支えてくれてありがとう。3人の努力は必ず報われます。気負いせずに頑張ってほしいという思いも事実ですが、これからもJuice=Juice支えてくれるとうれしい」とコメント。

唯一の同期の植村には「うえむー(植村)がいてくれたから、私はここまで頑張ってくることができた。うえむーらしくJuice=Juiceをさらにすてきなグループにしていってくれるとうれしいです」と語った。

最後は自身のことについて、「私は病気のことがあって卒業を決意しました。悔しい気持ちや寂しい気持ちがないと言い切るのは正直うそにはなりますが、それでも最終的には自分で決めたことなので、この選択を正解にしていけるよう、しっかりと自分の体も大切にしながら精進してまいりたいと思います。私は必ず皆さんの前に帰ってきます。これまで皆さんが私のことを必要としてくれたおかげで、私に居場所が生まれました。わがままかもしれませんが、言わせてください。私にも皆さんが必要です。どうか信じて待ってくださると幸いです。これからも、金澤朋子、Juice=Juiceのことをよろしくお願いいたします」と胸中を明かした。

また、金澤が3代目のリーダーに植村あかりを指名した一方で、植村も「私からサプライズを用意した」と、金澤を驚かせる一幕も。

「失敗しても金澤さんが笑顔で見守ってくださっていたので、そこに救われました。金澤さんように暖かい存在になりたい」(江端)、「いろんなことを学ばせていただきました。金澤さんと一緒に過ごせた時間は幸せで温かい空間でした。金澤さんのように強く美しく成長していきたい」(入江)、「まだまだ一緒に活動していきたい。金澤さんと活動できて誇りに思います」(有澤)、「金澤さんの居場所はたくさんありますから、いっぱい帰ってきてください」(松永)、「また四つ葉のクローバー探したいです!」(工藤)、「金澤さんがいないのが想像できない。金澤さんがみんなの心配ばかりしている。私も悩んだら連絡するし、金澤さんの近況報告待ってます」(井上)、「完璧な人なんですけど、すてきなギャップがたくさんあって大好きです。これからもお互いがんばりまなかんしましょう」(稲場)、「金澤さんを初め、先輩方の皆さんがすてきな景色をたくさん見せてくださって。これからも受け継いでいきます」(段原)、「朋子の寂しい思いとか、そういうのも丸ごと、メンバーは頼もしいのでみんなで背負って頑張っていきます。私らしくリーダーを頑張って、朋子のバトンをつないでいけるように頑張りたいと思う」(植村)と、9人がそれぞれに金澤への思いを語った。

ラストは「未来へ、さあ走り出せ!」で大団円。“行くぜ私たちの未来”と歌い、1年ぶりの単独コンサートを無事に完走した。

取材・文=宮澤祐介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加