スーパーGTはトムス陣営にシャッフル。37号車が“デロイト トムス”に、アレジのチームメイトは未定|トヨタ 2023年スーパーGT GT500参戦体制発表

スーパーGTはトムス陣営にシャッフル。37号車が“デロイト トムス”に、アレジのチームメイトは未定|トヨタ 2023年スーパーGT GT500参戦体制発表

  • motorsport.com 日本版
  • 更新日:2022/11/25
No image

スーパーGTに参戦するTOYOTA GAZOO Racingは、11月25日に2023年シーズンの参戦体制発表を行なった。

2022年シーズン、GT500クラスのトヨタ陣営は8戦中2勝を記録したものの、新たにZを投入した日産陣営や、タイプSのNSXをベースに開発を進めてきたホンダ陣営にタイトル争いの主役を譲る形となり、大嶋和也/山下健太組(14号車ENEOS X PRIME GR Supra)のランキング5位が最上位に終わった。王座奪還を狙う2023年シーズンは、ドライバーラインアップにも変更を加えて臨む。

変更があったのは、2台体制を敷くトムス。TGR TEAM au TOM'Sの36号車は、坪井翔のチームメイトに2022年は37号車をドライブした宮田莉朋が加わる。一方、2022年は36号車のドライバーだったジュリアーノ・アレジは37号車に異動となった。

そしてその37号車は、長年KeePerがメインスポンサーを務めてきたが、2023年はTGR TEAM Deloitte TOM'Sにチーム名が変更となった。そしてアレジのチームメイトに関しては“未定”とされている。

その他、TGR TEAM ENEOS ROOKIE、TGR TEAM WedsSport BANDOH、TGR TEAM ZENT CERUMO、TGR TEAM SARDに関してはドライバーラインアップに変更なし。タイヤメーカーも、TGR TEAM WedsSport BANDOHがヨコハマで、それ以外がブリヂストンという体制となる。

Motorsport Network.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加