<懸賞の達人>に聞く!ハガキ、ネット、Twitter...当てるコツと狙い目の懸賞

<懸賞の達人>に聞く!ハガキ、ネット、Twitter...当てるコツと狙い目の懸賞

  • テレ東プラス
  • 更新日:2022/09/23

電気代やガス代などの光熱費に加え、食品などの相次ぐ値上げが家計を直撃。多くの家庭が「節約にも限界が...」と頭を悩ませる中、さまざまな賞品が当たる懸賞の人気が急上昇。
家電製品の他、米や肉、野菜、お菓子、調味料などの食品が当たる懸賞は多く、当選すれば家計の救世主となるはず。

No image

画像素材:PIXTA

人気の賞品や、当選確率を上げるコツはあるのか? そこで「テレ東プラス」は、懸賞の達人としてメディア出演する他、懸賞情報誌『懸賞なび』の編集者でもあり、多くの懸賞情報を知るぴろりさんに話を聞いた。

懸賞で根強い人気賞品は現金・金券・食品

――今、どういった賞品の懸賞が人気なのでしょうか?

「最近に限らず、現金や金券、食品の人気は根強いです。コロナ禍になって以降、お家ごはんが増えていることもあり、さまざまな食品の値上げが話題になる前から、食品の懸賞への応募がグッと増えた印象があります。

元々、不景気になると、懸賞に応募する人が増える傾向はありました。今の状況で変化を感じるのは、例えば、生活に直結した食品への人気が高まる一方、以前は人気だった旅行や宿泊券への応募が一気に減り、そうした賞品の懸賞自体も減少しています。単に不景気なだけなら、『懸賞で当たったら、旅行に行ける!』という感じになるのですが、外出しにくい心理が強いせいでしょうね」

――懸賞を主催する側にも、影響や変化があるということですね。

「主催者も反響の少ないものよりも、多くの方に喜ばれる賞品を...と考えます。少し前だと、10万円の特別定額給付金が支給された前後は『家計応援』をテーマに、現金や金券の賞品が増えました。話題性や人気などから賞品を決める形が多いので、主催者側もトレンドを反映した賞品選びをする傾向があると思います。

旅行関係の賞品が減った一方で、懸賞人気が高まっている今は、キャンペーンで懸賞企画を実施する企業が多く、懸賞の数自体はかなり増加しました。新しいところでは、これまで懸賞は『企業が主催するもの』というのが一般的だったのが、最近は個人で懸賞を主催するケースも出てきています」

――個人でも、懸賞を主催することが可能なのですか?

「懸賞情報の発信や個人情報の取り扱いがネックだったところ、SNSで情報発信や当選者とのやり取りができるようになって、個人でも主催できる環境になりました。例えば、農家の方が野菜を賞品にしたり、個人でアクセサリー作りをしている方がプレゼント企画をしたり、さまざまです。

ただ、企業なら応募先の情報を確認できますが、個人主催には念のため注意が必要です。過去の懸賞実施実績をSNSでチェックし、当選者のお礼コメントなどから、きちんと対応をしているか確認できると思います。また、フォロワー数も、アカウントの信頼性を判断する指標の一つです。当選したら、賞品の送り先など個人情報を開示するため、信頼できる相手かどうかを応募前に確認してください」

――どういう種類の懸賞が、狙い目ですか?

「懸賞は大きく分けて、対象商品やサービスの購入が必要なクローズド懸賞と、商品・サービスの購入を条件にしないオープン懸賞の2種類があります。クローズド懸賞の場合、賞品の価格は購入金額の20倍が上限で、仮に、応募に必要な対象商品が500円の場合、1万円分までとなっています。オープン懸賞は2006年4月に規制が撤廃され、上限金額はありません。

オープン懸賞は誰でも気軽に応募できるので、競争率が高くなります。クローズド懸賞も、対象商品が安く手に入りやすいものだと、やはり応募者が多いです。当選確率が高いところを狙うなら、参加者が限られる、狭いポイントを探すこと。例えば、アプリの懸賞だと、応募するのはアプリ会員だけ。雑誌限定の懸賞も、着物やゴルフなど、その趣味を持つ人しか買わないもの。

テレビよりはラジオのプレゼント企画、それも全国区の番組よりコミュニティFMなど、参加者が少ない条件だと当選しやすくなります。今の狙い目は、商店街などが主催する飲食店巡りや、道の駅のスタンプラリーの懸賞。そこへ行かないと参加できないため、ハードルが高くなります。その分、当選しやすいはずなので、参加できるものがあれば積極的に行ってみるといいですよ」

達人が語る当選確率を上げる極意とは

――ぴろりさんが編集者として働く『懸賞なび』では、毎月発売される雑誌以外にYouTubeや別冊本などで、当選するためのコツや裏技を発信しています。当選確率を上げる極意を教えてもらえますか?

「まずは応募条件を確認し、きちんと応募すること。例えば、ハガキ応募の場合、記載しないといけない必要事項を満たしていないと、無効になります。Twitter応募でも、フォローとリツイートが条件なのに、リツイートだけしかせず、無効になっている人もいるかと思います。せっかく応募したのに無効になるのは、もったいないですよね。

極意というか、懸賞達人たちが実践しているコツを一言で表すなら『一工夫する』ことです。懸賞は厳正な抽選で当選者が決まりますが、目に留まりやすいように工夫することで、『当選確率は上がる』という声が多いです」

No image

画像素材:PIXTA

――達人の皆さんは、具体的にどんな工夫をされているのですか?

「一つ目はコメント。ハガキでも、SNSや応募フォーム、メールなどのオンラインでも同様に、短くてもいいから商品やサービスについて、自分が思うことを書くようにしましょう。いいことに限らず、企業の参考になるような率直な意見が添えられていると、目に留まりやすくなります。

二つ目は、ハガキ限定ですが、懸賞業界では『デコハガキ』と呼ばれるもの。イラストを描く他、マーカーなどでカラフルに応募ハガキをデコレーションするのです。絵が苦手な人は、今の時期なら紅葉のシールを貼る、赤とオレンジの暖色系のペンで秋らしく…などで、季節感が出せます。シンプルなデコレーションでも目につきやすくなるため、懸賞好きや達人たちの間では『デコハガキは、当たる率が高い』と言う人が多いです」

応募自体を楽しんで豊かな時間を

――確かに「デコハガキ」は、ビジュアル的にパッと目に留まりますね。

「懸賞は、当たればもちろんうれしいですけど、それだけじゃないと思うんです。ハガキをデコレーションしたり、コメントを考えたりするのは、趣味っぽいというか、楽しい時間になっています。懸賞を始めて『社交的になった』という人も、かなりいるんですよ。当たっても当たらなくても、懸賞は人生を豊かにしてくれると思っています」

――懸賞で社交的に、当たらなくても、人生を豊かにしてくれる…思いもよらない発想です。

「懸賞は1人でも楽しめますが、マークを集めて応募する懸賞なら家族や友達を巻き込んで、コミュニケーションの一つにできます。当選して“お裾分け”できるのがベストですが、当たらなくても、応募賞品を知った相手が『こういうのが好きなんだね』と、会話のきっかけになるのです。

達人には、当選したら主催者にお礼状を送る人もいますが、SNSで当選報告やお礼コメントを手軽に発信できるようになりました。それを見て『自分も応募してみよう』となる人もいるし、主催企業もそうした話題を喜んで、公式アカウントが『いいね』やリツイートするなど、直接やり取りする機会が増えています。

当選するとうれしいし、その企業やブランドが好きになって、応援したくなる――懸賞の応募は『好きです。応援してます!』と伝える、推し活の要素もあると思っています。家計の助けになる面もありますが、懸賞応募そのものを楽しんで、長く、数多く参加してもらえるとうれしいです」

【ぴろり プロフィール】

No image

懸賞の達人として、さまざまなメディアに出演。月刊懸賞専門誌『懸賞なび』編集者として、懸賞攻略本『当てコツ』シリーズも担当。自身のブログやSNSでの懸賞情報や当選報告の他、YouTubeチャンネル『懸賞なび』でも、当選のコツや裏技、懸賞の楽しさについて発信している。

(取材・文/鍬田美穂)

現在、テレビ東京では、「食を通じて日本を元気に!」をテーマに「秋のおいしい大感謝祭」開催中!

9月20日(月)~26日(日)に放送するテレビ東京の人気番組で、「食卓を笑顔に」「生産者を応援」「食で健康応援」「食を支える職人」「食の未来」など、「食」をテーマにした企画を展開。さらに番組を見た視聴者に、総額1000万円分の豪華賞品が当たるプレゼント企画や、スペシャルな配信イベントなども開催される。

これにちなんで「ネットもテレ東」では、「食」をテーマにしたさまざまな作品を期間限定で配信中!
ラインナップ:「きのう何食べた?」「きのう何食べた? 正月スペシャル2020」「ザ・タクシー飯店」「ゲキカラドウ」「珈琲いかがでしょう」「孤独のグルメSeason1」「孤独のグルメSeason2」「お耳に合いましたら。」

秋の夜長…この機会にぜひ、アクセスしてください!

画像素材:PIXTA

テレビ東京

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加