新興市場は債務危機リスク回避も中南米は他地域より高リスク=ムーディーズ

  • ロイター
  • 更新日:2023/01/26

[メキシコ市 25日 ロイター] - 格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは25日、比較的小規模の新興市場が深刻なソブリン債務危機に直面するリスクはなくなった一方、通貨安や失業、高金利が引き続き経済成長の障害になっているとの見解を示した。

他方で中南米の新興国はコモディティー(商品)価格に左右されやすく、通貨の変動が不安定で、景気対策的な財政政策措置は少ないため他の新興地域より急激な景気悪化に陥る可能性があると指摘した。

ムーディーズは報告書で、ブラジルやインドネシアなどの商品輸出大国は、ロシアのウクライナ侵攻後のエネルギーや金属、農産物の価格高騰で大きな利益を得て「驚くほど良好だ」と言及。

メキシコやベトナムなどの商品への依存度がより低い国も、ロシアと西側諸国の地政学的緊張の高まりを背景に製造業の新規投資を獲得し、自動車や電子機器、半導体部品の輸出が拡大したため堅調だった。

こうした要因が、米連邦準備理事会(FRB)をはじめとする先進国の金融引き締めによる新興市場の通貨と株式市場への悪影響を限定的なものとした。

一方、中南米の新興国ではメキシコは2023年に1.0%の経済成長が見込まれているとしながらも、高インフレの継続とFRBの積極的な金融引き締めによって2.5%のマイナス成長になる可能性もあると予測。

ブラジルは23年に0.8%の経済成長を見込んだが、債務危機が起きれば3.2%のマイナス成長に陥る可能性もあるとした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加