【2022年 7/19~11/30】かながわPay第2弾開始 県外在住でも2回神奈川県に行ける方ならお得です

【2022年 7/19~11/30】かながわPay第2弾開始 県外在住でも2回神奈川県に行ける方ならお得です

  • マネーの達人
  • 更新日:2022/06/23

2021年10月から2022年5月まで神奈川県で実施された「かながわPay」の第2弾が始まります。

購入額の10%または20%がポイントで還元される大型キャンペーンです。

特典を得るのに神奈川県民である必要はありません。

神奈川へは普段行かないと方でも、上手に使うとチャンスがあります。

第1弾に参加できなかった方も、ぜひ大きな還元を受けてみませんか。

No image

かながわPay第2弾の概要

大型還元を受けられるかながわPay、その概要を見ていきます。

大型のお買い物のある方は、ぜひこの機会に。

かながわPay第2弾は最初から上限還元3万ポイント

かながわPay第2弾は、最初から3万ポイントが還元の上限です。

15万円から30万円程度の買い物で達成します。

期間も4か月を超えるので、難しくはないでしょう。

第1弾は、当初1万ポイント(1万円相当)上限の予定だったのが、期間の途中(11月)に3万ポイントに拡張され、さらに利用期限も2月から5月に延長されました。

かながわPayの使い方

かながわPayのスケジュールや、全体像を見てみます。

・ ポイントをためられるのは「2022年7月19日~11月30日」

・ たまったポイントを買い物に使えるのは「2022年7月26日~2023年1月31日」

・ 期日までに使えなかったポイントは失効

・ かながわPayアプリを使う(第1弾と同じもの)

・ かながわPayアプリで店頭に置かれたQRコードを読み取る方式

・ 「d払い」「au PAY」「楽天ペイ」「LINE Pay」「はまPay」のいずれかのアプリをインストールし、登録しておく必要がある

・ 店舗により、使える決済方法が限られる

・ 各QRコード決済利用でのポイントは別途付く

たとえばau PAYカードからチャージしたau PAYを支払いに使う場合、かながわPayの還元だけでなく、au PAYによる合計1.5%のポイントもちゃんと付きます。

大企業での支払いで10%還元であっても、11.5%とも考えていいでしょう。

参加加盟店は改めて募集されるため、第1弾との入れ替わりも想定されます。

さらに以下の情報は、第1弾と第2弾とのルールに根本的な差がないとした場合のものです。

柔軟に変わることも考えられます。

・ 大企業は10%還元、中小企業は20%還元

・ ためたポイントはおおむね8日後から使える

・ チェーン店でも、実際の運営会社により対象店舗とそうでない店舗とがある

県外在住でも2度行く人なら特典を受けられる

県外在住者で、勤務先もないという人でも、かながわPayにぜひ参加しましょう。

最低でも次の通り2回行ける人なら、大きな利用価値があります。

・ 2022年11月までに、大きな買い物をしにいく

・ 2023年1月までに、たまったポイントを使いにいく

かながわPayの細かい注意点

アプリの仕様は変わっていないので、第1弾での注意事項は引き継がれるはずです。

次の通りです。

・ LINE Payで支払う際は6桁のパスコード入力が必要

・ d払いのみ自動ログイン設定が必要(アプリのアカウントから設定)

慣れれば複雑なものではないですが、アプリのちょっとした癖にご用心ください。

アプリ操作法や対象店舗の探し方については、過去の記事に記載しています。

東京都民である筆者の実例

筆者は東京都在住ですが、かながわPay第1弾をずいぶんと有効活用させてもらいました。

品川区や目黒区などでもQRコード決済の大型キャンペーンが並行して実施されたにもかかわらず、かながわPayも上限に届くところまでポイントをためました。

こんな使い方をしましたし、第2弾でもそのつもりです。ご参考まで。

・ 都県境に近い川崎、武蔵小杉、溝の口等の店舗を積極的に活用

・ 横浜等に用事のある際は必ず還元を受けて帰る

・ 神奈川県で仕事をし(カフェ)、食事をし、買い物をして帰宅する

・ スーパーではお酒を買いだめする

・ 家族で外食の際も20%還元店を選ぶ

・ 書店は有隣堂(20%還元)

鶴見の「ビッグヨーサン」、小杉の「FUJIデリド」等の20%還元スーパーは頻繁に使いました。

ビッグヨーサンは鮮魚が売り物で、小型スーパーのデリドはパンやお惣菜に見るべきものがあります。

もちろんお酒も買っています。

余談ですがかながわPayへの取り組みの経験は、今年5月に実施された中央区20%還元でも全面的に活かせました。

神奈川県民も都民も、その他の方もぜひかながわPayをご活用ください。(執筆者:沼島 まさし)

沼島 まさし

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加