”高知のPRに” デハラユキノリさんデザインのハマスイTシャツ完成!ワークウェイなどで販売スタート

”高知のPRに” デハラユキノリさんデザインのハマスイTシャツ完成!ワークウェイなどで販売スタート

  • KUTVニュース
  • 更新日:2022/09/24

高知県出身のフィギュアイラストレーター・デハラユキノリさんがデザインした桂浜水族館のTシャツが、きょうから高知市の作業用品店で販売されています。

Tシャツは、桂浜水族館を応援したいと、作業用品などを販売するワークウェイと、高知市出身のフィギュアイラストレーターデハラユキノリさんがコラボして作りました。

色は、オレンジ系とネイビー系の2種類。

桂浜水族館の職員が着用しているユニフォームと同じデザインで、魚や動物たちが、掃除をしたりエサを運んだりと汗を流してせっせと働く様子が描かれています。

(訪れた人)
「色がかわいいです。デザインもすごくすてきだと思います。スタッフさんと同じデザインで着られるっていうところがいいと思います。」

販売初日のきょう、デハラさんと桂浜水族館のマスコットキャラクターおとどちゃんが販売する店舗を訪れ、TシャツをPRしました。

(デハラユキノリさん)
「もう少ししたら、県外の人も高知にどんどん来ることができるようになると思うので、まずは(県外の知り合いに)Tシャツを送って、次は高知に来てくださいと言う感じになったら、美しいですね。」

(おとどちゃん)
「(Tシャツの出来栄えは?)この間小学校に入ったばかりなので、100点満点中140点だー!って言ってます。おとどちゃん算数を勉強しようかね」

Tシャツは、1枚3500円。およそ50着の限定販売で、高知市のジャングルワークウェイのほか桂浜水族館の売店でも販売されています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加