真木よう子「ユサユサ“バスト”」フル回転(1)「本物のFカップ」と自ら公表

真木よう子「ユサユサ“バスト”」フル回転(1)「本物のFカップ」と自ら公表

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2021/02/21
No image

藤原竜也主演のドラマ「青のSP」で、圧倒的な存在感を放つのが真木よう子だ。スレンダーな肢体から溢れんばかりの豊満バストをユサユサ揺らしながら、勇猛果敢な教師役を好演している。アラフォーを迎えて、フル回転する新境地に迫る──。

今、秘かに真木よう子(38)の「バスト快進撃」が止まらない。

現在、真木は「青のSP学校内警察・嶋田隆平」(フジテレビ系)に出演中。校内の問題を取り締まるスクールポリス制度を導入した公立中学校を舞台に、藤原竜也(38)演じる警視庁捜査一課の嶋田隆平がSNSトラブル、セクハラ、盗撮、生徒の薬物使用疑惑など、世間を騒がせる社会問題に立ち向かうストーリーだ。

そこで真木は、責任感が強いため空回りをしがちな熱血国語教師・浅村涼子を演じている。

「教師役ということもあり、真木さんはピタッとしたインナーにジャケットやカーディガンという衣装で登場しており、ひときわバストが強調されています。スタイル抜群のスレンダー体型なのに胸が大きいので、どうしても目線がいってしまう。男性視聴者は、迫力ある豊満バストに釘付けですよ」(テレビ誌記者)

多くの男性を魅了する真木の爆乳が特に注目されたのは、第3話でのこと。いなくなった生徒を真木が街中で探すシーンだ。走りながら捜索していたこともあり、真木の胸が“ユッサユッサ”と上下に大揺れ。ピッタリとボディラインが強調される衣装だったこともあり、ネット上では「胸の揺れが気になって、ドラマに集中できない」「ロケットおっぱいがいちいち視界に入る」「目が胸にイクイク‥‥」など大盛り上がり。慌てて駆けつける場面が多いため、これからも真木の完熟感ある胸が拝めそうだ。

真木といえば、ユサユサおっぱいにはこれまでも定評があったが、ここまでの「おっぱい推し」は、今回のドラマが初めて。アラフォーを迎えての新境地とも言えよう。

スレンダーゆえに背が高いイメージのある真木だが、身長160センチと最近の女優にしては意外に小柄。これまでバストサイズは非公表だったが、17年7月27日の本人公式ツイッターに〈子供産んで授乳して、34歳の本物のFカップは、重力に逆らえず垂れるのが正常です。申し訳御座いませんです〉と自らFカップであることを公表していた。

アサ芸プラス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加