西武9回に冷や汗、増田がピンチも逃げ切り 金子&源田が連続適時打

西武9回に冷や汗、増田がピンチも逃げ切り 金子&源田が連続適時打

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/10/18
No image

◆西武3-2オリックス(18日、メットライフドーム)

西武は9回に追い上げられ、同点のピンチを招きながら辛くも逃げ切った。

2回に金子、源田の連続適時打で3点を先行。松本が6回を1失点にまとめた。打線が追加点を取れず、2点リードの9回に増田が吉田正、T-岡田に二塁打を許して1点差。なおも1死一、三塁とされたが、代打ジョーンズを三邪飛に退けるなど後続を断った。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加