なにわ男子・高橋恭平、板垣李光人を真似して買ったもの明かす「恭平ちゃん」「りひちゃん」と呼び合う仲に<なのに、千輝くんが甘すぎる。>

なにわ男子・高橋恭平、板垣李光人を真似して買ったもの明かす「恭平ちゃん」「りひちゃん」と呼び合う仲に<なのに、千輝くんが甘すぎる。>

  • モデルプレス
  • 更新日:2023/01/26

【モデルプレス=2023/01/25】なにわ男子の高橋恭平と俳優の板垣李光人が25日、都内で行われた映画『なのに、千輝くんが甘すぎる。』(3月3日公開)完成披露試写会に、畑芽育、莉子、曽田陵介、中島瑠菜、鈴木美羽、新城毅彦監督とともに登壇。高橋が、板垣を真似して買ったものについて明かした。

No image

(写真 : 高橋恭平にヒールを真似された板垣李光人(C)モデルプレス)

【関連記事】高橋恭平、ピンク髪にイメチェン

◆高橋恭平、板垣李光人を真似して買ったものとは

本作では“恋のライバル”を演じた2人だが、撮影を機に「恭平ちゃん」「りひちゃん」と呼び合うほどの仲に。高橋は「人と同じ呼び方にしたくない。それでちょっとでも距離が近くなるかなと思って、『こう呼んでいい?』って聞いたら、『いいよ』って言ってくれた」と呼び方の経緯を明かした。

さらに高橋は「りひちゃんがプライベートでヒールを履いていたりするから、かっこいいなぁ~と思って真似して買いました」と板垣のファッションに憧れて、真似してヒールの高い靴を購入したことを告白。板垣は、自身のクランクイン前に一度撮影現場に見学に行ったようで、「その時にすごい高いヒールを履いて行った」と明かし、高橋はその際「底が高いヒールを履いて疲れないの?」と話しかけたようで、自分には似合わないと思っていたというが、「家帰ったら買ってました」と語って笑わせた。

◆高橋恭平主演「なのに、千輝くんが甘すぎる。」

本作は、講談社「月刊デザート」にて連載中、1巻発売直後に異例のスピードで重版がかかり、既刊8巻で230万部を突破した、亜南くじらによる人気コミック『なのに、千輝くんが甘すぎる。』を実写映画化。高橋が主人公・千輝彗、畑がヒロイン・如月真綾を演じ、フレッシュなキャストが集結した胸キュンシーン連続の“女子憧れ度No.1”青春ラブストーリー。板垣は真綾に密かに恋心を抱いている手塚颯馬を演じる。

この日の舞台上にはレッドカーペットならぬピンクカーペットが敷かれ、ハートの装飾が埋め尽くされるなど“甘すぎる”仕立てに。さらには、完成を祝してハート型の紙吹雪が飛び出すキャノン砲でド派手に祝砲を放つ演出もあった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加