ひな人形商戦が本格化 高岡市の人形店

ひな人形商戦が本格化 高岡市の人形店

  • 北日本放送
  • 更新日:2022/01/14
No image

3月の桃の節句に向けて、高岡市の人形店で、ひな人形の商戦が本格的になっている。ひな飾りが並ぶ店内は、春の華やかな雰囲気。

3月の桃の節句に向けて、高岡市の人形店では、ひな人形の商戦が本格的になっています。

雪が降って寒い外から一転して、高岡市木町にある川田芳好堂の店内は、およそ90点のひな人形が展示され、春めいた華やかな雰囲気に包まれています。

近年は簡単に飾ることができる、お内裏さまとお雛さまだけの親王飾りが主流のなか、華やかなものが好まれていて、店ではひな人形を飾る環境などを確認し、それに合う商品を提案しているということです。

ひな人形の衣装は手作業で刺しゅうをしたものも人気で、屏風やぼんぼりなどは、好きな組み合わせを選ぶこともできるということです。

平均して20万円から30万円の商品に人気があるということで、川田芳好堂では、来月初めにかけてひな人形商戦が続くとみています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加