オリックス 6回でリクエストの権利失う 白井審判員の判定で2度要求もともに失敗

オリックス 6回でリクエストの権利失う 白井審判員の判定で2度要求もともに失敗

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2022/05/13
No image

1回、二盗を決める高部(左)。白井審判員(左)はセーフと判定(撮影・石井剣太郎)

「オリックス-ロッテ」(13日、京セラドーム大阪)

オリックスが二塁塁審・白井一行審判員の判定で2度、リクエストを要求したが、いずれも失敗。六回の時点で権利を失った。

まずは初回の守り、無死一塁。2番・中村への4球目に一走・高部がスタートを切った。ヘッドスライディングで二塁へ滑り込み、一瞬手が離れたが、判定はセーフ。すぐさま、遊撃・紅林がオリックスベンチへリクエストを要求した。だが、判定通り、セーフだった。

2度目は六回の攻撃。1死一塁から紅林が遊ゴロ。6-4-3と渡ったプレーは一塁はセーフとなったが、二塁も微妙なタイミングでアウトとなり、中嶋監督がリクエストした。リプレー検証の結果、判定通りアウト。この時点でリクエストの権利を失い、中嶋監督は思わず天を仰いだ。

この日のロッテ・先発は佐々木朗。4月24日の同カードでは、判定に不服そうな表情を見せた右腕に、白井球審が詰め寄る場面があった。佐々木朗と白井審判員は、同戦以来の顔合わせとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加