安倍元総理への弔詞 衆参議長がそれぞれ朗読

安倍元総理への弔詞 衆参議長がそれぞれ朗読

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/08/05
No image

動画を見る(元記事へ)

臨時国会は3日間の会期を終えて閉幕しました。衆参両議院ではそれぞれの議長が安倍元総理大臣への弔詞を述べました。

細田衆議院議長:「君は終始、経済の成長、および行財政と教育の改革、ならびに災害からの復興に心魂を傾け、また世界の平和と繁栄に力を致し、国民生活の充実と我が国の国際的地位の向上に貢献されました。その功績は誠に偉大であります」

衆議院の本会議ではアメリカのペロシ下院議長が傍聴しました。

また、参議院の本会議でも尾辻議長が弔詞を朗読し、「憲政史上最も長きにわたり総理大臣の職責を務め、民主政治発展のため力を尽くされた」などと哀悼の意を表しました。

この臨時国会では法案などの実質審議は行わず、安倍元総理への追悼演説も秋の臨時国会に先送りしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加