【まるで織姫様】成人式に自作の着物で出かけた女性。その出来栄えに「これはお見事! 」「セ、センスのかたまり」「思わず見惚れました...」と称賛の嵐

【まるで織姫様】成人式に自作の着物で出かけた女性。その出来栄えに「これはお見事! 」「セ、センスのかたまり」「思わず見惚れました...」と称賛の嵐

  • マイナビニュース
  • 更新日:2022/01/14
No image

先日の3連休に、各地で行われた成人式。実は、筆者の娘も成人式でした。振袖選びから髪型、写真撮影。当日は早朝から着付けにメイク、ヘアセットと、女の子は家族も巻き込んで大変な一日に。

【辛辣】初詣でおみくじを引いたら、神さまから厳しすぎるひと言が…! 「グサッとくる」「ここまで言うか」「もっとオブラートに包んで」と大反響

着物を買ったにしろレンタルしたにしろ、結構な時間と労力を要した人も多いと思うのですが……なんと、自作の着物で臨んだ人も。こちらの秋さん(@_a_3_5n)の投稿をご覧ください。

作った振袖で成人式行ってまいった子!
(@_a_3_5nより引用)

この日のために、デザインから生地の選定、そして縫製までを手掛けた秋さん。とっても綺麗ですね。

この出来栄えに、ツイッターでは「これはお見事也! 」「なんてセンスなんですか! 」「天才なのでは!!!!!!!! 」「素晴らしい才能」「発想力と実行力に拍手」「セ、センスのかたまり」と称賛の嵐。

また、ツイ主さんの晴れ着姿に、「!!!!!とても綺麗とても!!!!! 」「素敵すぎます!!! 」「わー織姫様みたい」「ティンカーベルみたいで可愛い!! 」「ものすごく綺麗な振り袖で思わず見惚れました…」「激エモやの! 」「かっけぇ」といった声とともに、お祝いのコメントが続々と寄せられていました。

「古風に見えるのに新しい」というコメントもあったとおり、和と洋の要素が絶妙に相まって、とっても素敵なお着物ですが、手首から下げている鞄もオシャレですよね。

なるだけ費用削減の為に試行錯誤してました。鞄はお気に入りのスカーフで巾着に。 (@_a_3_5nより引用)

スカーフを巾着にするというアイデアも素晴らしいですね。小物にまでこだわった秋さんの晴れ着姿。完成するまでにどのくらいの時間を要したのでしょうか? インタビューしてみました。
○ツイ主さんに聞いてみた!

―― この振袖の製作期間を教えてください。

1カ月程度です。

―― 製作する中でこだわった点・苦労した点はどのようなところですか?

例を見ないデザインなので何が正解か分からずとても悩みましたが、分からないからとことん遊んでしまおうという気持ちでひたすら好きを詰め込みました。
この振袖は、原型の振袖の形をリネンの生地で作り、その上にゴールドのオーガンジーの生地をボリュームを付けて縫い付けています。左右アンバランスになっているデザインが可愛いくてポイントのひとつです。
リネン生地の方は袖や身頃の裾を少し短めに作っており、その上からゴールドオーガンジー生地で長めの裾になっているので、透け感が出ていて可愛いのもポイントです。

―― デザインのイメージなどがあれば教えてください。

回った時や歩く時にふわふわなびくような、動きのあるデザインをイメージしました。

―― この振袖を見た周囲の方(友人やご家族など)の反応はいかがでしたか?

私らしいとたくさん言って頂けてとっっても嬉しかったです。通りすがりの方々にも、「天女さんみたい」や「可愛いね」と優しい声をいただきましたし、家族にもとても喜んでもらえました。

―― 普段からこのような服づくりをされているのですか?

服飾の学校に通っているので、普段から授業で作ったりはしていますが、個人的にこうして作るのは初めてだったのでドキドキしました。

―― 今回の投稿に多くの反響が寄せられていました。率直な感想を教えていただけますでしょうか。

今回、私のツイートがたくさんの方の目に触れる事が出来ましたが、私の友達やインスタグラムで見かける投稿などでも、その人ならではの振袖コーデを楽しんでいられる方もたくさん居て、昔ながらの形だけでなく新しい形を取り入れても楽しいのでは、とすごく思いました! 自分らしさ全開の振袖を着て、うきうきして成人式に行っちゃってほしいです。

どんなに準備が大変でも、全てはこの日のため。秋さんがおっしゃるとおり、自分が気に入ったスタイルで、たった一度しか経験できない成人式を満喫できたらいいですね。

作った振袖で成人式行ってまいった子! pic.twitter.com/35bf8shbhg— 秋 (@_a_3_5n) January 10, 2022

CHIGAKO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加