大関復帰を目指す照ノ富士が1差をキープ 八角理事長「技能相撲を取っている。落ち着いている」と高評価

大関復帰を目指す照ノ富士が1差をキープ 八角理事長「技能相撲を取っている。落ち着いている」と高評価

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/21

◇大相撲11月場所13日目(2020年11月20日 両国国技館)

No image

<11月場所13日目>競り合う照ノ富士(左)と竜電(撮影・郡司 修)

元大関の小結・照ノ富士が3敗の竜電の挑戦を退け、大関・貴景勝との1差を守った。

外四つの形になったが、強引には行かず、慎重に取った。自分から右上手を放して、相手の左を切り、そのまま左上手で出し投げ気味に竜電の体を泳がせ土俵の外へ。

八角理事長(元横綱・北勝海)は「考えた相撲を取っている。自分からまわしを放して、相手のまわしを切りにいっている。技能相撲ですよ」とべた褒め。

11日目の妙義龍戦では、相手にもろ差しに入られ、強引に両腕を絞って極め出す相撲で勝った。この時は理事長から「日々粘りがなくなっている。右を差して自分の形にするのが面倒くさいから、差されたら極めてしまえ、という相撲だった」と指摘されていた。

この日は妙義龍戦のような強引さが影を潜め、自分の形になるまで攻め急がなかった。

「外四つでいきたいところを我慢してね。逆に技能相撲を取っている。普通は一枚まわしは切れないものだけど、力があるから切ったよね。上から押さえつけるようにね。落ち着いてますよ」と八角理事長は評価していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加