アニメ『永遠の831』本ビジュアル公開 angelaとカノエラナが楽曲を担当決定

アニメ『永遠の831』本ビジュアル公開 angelaとカノエラナが楽曲を担当決定

  • SPICE
  • 更新日:2021/11/25
No image

オリジナル新作長編アニメ『永遠の831』が2022年1月30日(日)夜8時から放送されることが発表された。合わせて本ビジュアルも公開された。本ビジュアルには人が行きかう交差点にたたずむ、浅野スズシロウ、橋本なずな、亜川芹の3人が描かれている。

さらに音楽を椎名豪、主題歌はangela、OPテーマはカノエラナが担当することも発表された。

angela、カノエラナからコメントも届いている。

No image

angela

<angela atsuko コメント>
自分は何者なのか。何処から来て、何処に行くのか。そんな葛藤や不安を常に人は持ち続けている気がします。「永遠の831」からはその想いを強く感じました。主題歌には、まだ何処にあるかも分からない「未来」、それがたとえひとひらであっても、自分の選択を信じ、掴み取っていきたいという想いを込めました。一歩を踏み出した瞬間に、変わっていく未来。「永遠の831」で感じてください。

<angela KATSU コメント>
『何かを決断した朝に・・・』聴いて欲しい曲です。アーバン(都会)にもネイチャー(自然)にもマッチするサウンドをとことん追求しました。楽曲のテンポも遅すぎず、速すぎず、樹木が成長していくような主人公スズシロウの葛藤と決断。時に、気付かぬうちに急にそびえ立っていた駅前の高層ビルとは裏腹に、時間の流れや使い方を異国のようなオリエンタル調のサウンドで『旅立ちの歌』に仕上げてみました。

No image

カノエラナ

<カノエラナ コメント>
この度「永遠の831」のOPテーマを務めさせていただくことになりました。本当に本当に嬉しいです。現代社会に似たものを感じ、自分が思ったことそのままを曲に落とし込みました。「緊迫、疲弊、憤り、見えない壁に向かってただただ浮遊しているだけの日々の中、自分には何ができるのか?」登場人物たちが選ぶ選択肢に、この曲が少しでも寄り添えていたらいいなと思います。先の見えない人生、出逢ってしまった季節、答えは全て金魚鉢の中に…。

WOWOW開局30周年記念として放送される、神山健治監督・脚本によるオリジナル新作長編アニメ『永遠の831』。さらなる情報を待ちたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加