イタリアとカナダが勝ち上がり、ベスト4が出揃う [デビスカップ・ファイナルズ]

イタリアとカナダが勝ち上がり、ベスト4が出揃う [デビスカップ・ファイナルズ]

  • テニスマガジンONLINE
  • 更新日:2022/11/25
No image

男子テニスの国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten ファイナルズ」決勝トーナメント(スペイン・マラガ/11月22~27日/室内ハードコート)の3日目は準々決勝残り2対戦が行われ、ベスト4の顔ぶれが出揃った。

イタリア(グループA・1位)が第4シードのアメリカ(グループD・2位)を2勝1敗で、カナダ(グループB・2位)はドイツ(グループC・1位)を2勝1敗で下し、勝ち上がった両国が土曜日に行われる準決勝で対戦することになった。

デビスカップは2019年から、ITFとスペインの元サッカー選手ジェラール・ピケによって設立された投資団体コスモスの協力によって開発された新フォーマットに変更されている。

新フォーマットのデビスカップではこれまでファイナルズのグループステージと決勝トーナメントを同じ日程の中で行ってきたが、今年はグループステージ(イタリア・ボローニャ、スペイン・バレンシア、ドイツ・ハンブルク、イギリス・グラスゴー/9月13~18日/室内ハードコート)と決勝トーナメントを分けて開催される。

今年のファイナルズは16ヵ国が4チームによる4グループに別れてグループステージ(総当たり戦)を9月に戦い、各グループの上位2チームが11月の決勝トーナメントに進出して優勝チームを決定する。試合はベスト・オブ・3セットマッチで行われ、シングルス2試合とダブルス1試合で争われる。

※国名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

決勝トーナメント|11月24日

準々決勝

1イタリア(グループA・1位)2-1 2アメリカ[4](グループD・2位)

R1 ○ロレンツォ・ソネゴ 6-3 7-6(7) ●フランシス・ティアフォー
R2 ●ロレンツォ・ムゼッティ 6-7(8) 3-6 ○テイラー・フリッツ
R3 ○シモーネ・ボレッリ/ファビオ・フォニーニ 6-4 6-4 ●トミー・ポール/ジャック・ソック

3ドイツ(グループC・1位)1-2 4カナダ(グループB・2位)

R1 ○ヤン レナード・ストルフ 6-3 4-6 7-6(2) ●デニス・シャポバロフ
R2 ●オスカー・オッテ 6-7(1) 4-6 ○フェリックス・オジェ アリアシム
R3 ●ケビン・クラウィーツ/ティム・プッツ 6-2 3-6 3-6 ○バセック・ポスピショル/デニス・シャポバロフ

テニスマガジン編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加