特殊詐欺や交通事故に気を付けて 伊勢のスーパーで啓発

特殊詐欺や交通事故に気を付けて 伊勢のスーパーで啓発

  • 伊勢新聞
  • 更新日:2022/01/15

【伊勢】伊勢署と特殊詐欺撲滅員の新武則さん、伊勢市交通政策課の職員らは14日、同市小俣町のスーパー「ぎゅーとら小俣店」の店舗前で啓発活動を行い、買い物客らに特殊詐欺への注意や高齢者の交通事故防止を呼び掛けた。

県警は毎月15日を「特殊詐欺撲滅の日」と「高齢者交通安全の日(S・Sデー)」と定めていて、同署でも毎月15日(土曜日の場合は前日)に特殊詐欺や交通安全の啓発活動を行っている。

この日は4人が同活動に参加。特殊詐欺の手口や信号機のない横断歩道での歩行者優先を記したチラシと反射材などを、買い物客らに配布した。

同署によると、昨年の管内での総事故数は4117件、人身事故は218件、死者数は7人(暫定値)。特殊詐欺発生件数は9件で、被害額は約1240万円。うち5件は還付金詐欺という。

同署交通第1課交通総務係の福井悠介係長は「令和3年の県内の事故死者数62人の6割を高齢者が占めているので、お年寄りに対して歩行中の事故防止を呼び掛け、死亡事故を減らしていきたい」と話した。

伊勢新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加