鹿島アントラーズ、濃厚接触者6名を含む60名の陰性を発表。今月14日に永戸勝也の陽性確認

鹿島アントラーズ、濃厚接触者6名を含む60名の陰性を発表。今月14日に永戸勝也の陽性確認

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2020/11/20
No image

鹿島アントラーズ

J1の鹿島アントラーズは20日、PCR検査を受けた60名全員が陰性だったことを発表した。クラブの公式サイトで伝えられている。

鹿島は今月14日、川崎フロンターレ戦前にDF永戸勝也の新型コロナウイルス陽性が確認された。また、DF杉岡大暉、MF荒木遼太郎、DF町田浩樹、DF関川郁万、GK山田大樹、DF常本佳吾の6人が保健所により濃厚接触者であると判断されていた。

鹿島は19日に自宅療養中の永戸と右足関節の手術を受けたFW染野唯月を除くトップチーム選手・チーム関係者など計60名にJリーグ公式のPCR検査を実施。検査の結果、濃厚接触者を含む全員の陰性が確認された。

なお、染野に関しては11月20日に実施予定だったJリーグの公式検査を前倒しして行い、18日に検査を受診。陰性判定を受けたと伝えられている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加