【ソフトバンク】椎野新が現状維持1900万円でサイン 先発転向も視野「長いイニング投げられるように」

【ソフトバンク】椎野新が現状維持1900万円でサイン 先発転向も視野「長いイニング投げられるように」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/11/25
No image

ソフトバンク・椎野新投手が25日、ペイペイDで契約更改交渉に臨み、現状維持の1900万円でサインした。「今年は最後、コロナでいなくなったんですけど、そこいくまでの最後の2、3試合に関しては良い感じだったので、そこは良かったかなと思います」と振り返った。

今季は18試合の登板で勝ち星はなく、1ホールド、防御率4・01。今季は全てリリーフ登板だったが、斉藤学投手コーチからは「お前は先発だ」と構想を明かされており、今オフもスタミナ強化をテーマに投げ込み、走り込みに励んでいく。

「明確な数字というよりはもう一回開幕1軍入って、中継ぎか先発か分からないですけど、長いイニング投げられるようにしたいです」と意気込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加