[酉(とり)年] 1/13~2/11の運勢 試練のとき。克服の鍵は十分な休息

[酉(とり)年] 1/13~2/11の運勢 試練のとき。克服の鍵は十分な休息

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/01/12

酉(とり)年

1月13日(水)~2月11日(木)の運勢

No image

この時期は、前半と後半で大きく運気が変わります。

前半は試練のとき。特に厳しさが予想されるのは、仕事の場面です。

膨大な量の作業を任されたり、きついノルマを課されたり。そうしたプレッシャーに押しつぶされそうになることもあるかもしれません。

こうした試練を乗り越える秘訣は、休息です。

バランスの良い食事を取って、しっかり眠る。

そうやって心身を充電することが、前半の苦境を乗り越え、後半の運を掴むチカラになります。

週に何日か夜勤があるなど、不規則なシフトで働いている人も、働いた後は一定の睡眠時間を確保し、休養することが大切です。

前半に大きく崩れなければ、好運に恵まれる後半はぐっと楽に感じられることでしょう。

運の後押しで、これまで越えられなかった壁を越えられる人も出てくるはず。

昇給や収入増など、金運面にも恵まれていきそうです。

恋愛面では、揉めごとが多くなる模様。

感情的になると、後悔します。あまりに喧嘩が続くようなら、しばらく距離を置くなどの冷却期間を取るのがよさそう。

この時期、出会いのチャンスは少なめ。フリーの人はゆったり構えて内面の充実をはかりましょう。寺社にお参りするのもおすすめです。

健康面で注意したいのは、慢性的な腰痛、糖尿病の傾向。

この時期、相性がいいのは、丑(うし)、辰(たつ)、巳(へび)年。

距離を置いたほうがいいのは、卯(うさぎ)、酉(とり)、戌(いぬ)年の人。

吉方位は、南と西。避けたほうがいいのは、北と東。

※次回更新日は2月9日(火)

※台湾の占いは旧暦が基本。旧暦と西暦で干支が変わる人もいますが、ここでは西暦での干支でみられるように占っています。

酉(とり)年

神鳥さんが授けるお守りアイテム

「風獅」のチカラを借りましょう。

日本ではシーサーと呼ばれるものの一種で、台湾では離島の金門に立つ風獅が有名です。

街中の店頭などに鎮座する風獅は、地鎮の意味がある一方、正面を向いて立っている風獅は、降りかかる災難を強力に祓うパワーがあると言われています。

運気の波は、人を翻弄する風のようなもの。風をさえぎるチカラを持つ風獅に守ってもらいましょう。

今回用意したいのは、邪悪なものが怯えるという権威ある神様「石敢當」の文字が刻まれた風獅。置物を手に入れるのが理想ですが、写真で代用しても。

リビング、オフィスのデスクの上などのよく目につく場所へ。お店を経営しているなら、入口付近に配します。

風獅の顔を外に向けることがポイントです。

この時期のラッキーカラーは、赤と白。避けたほうがいいのは、黒と緑色。

※次回更新日は2月9日(火)

酉(とり)年・基本性格

勝ち気で負けず嫌い。研究熱心で、リサーチやマーケティグを好み、得られた結果をもとに、確実かつ効率的に物事を進めていく人です。

その高い調査能力を自己プロデュースに活かし、TPOに応じた演出でうまく立ち回ることも得意です。言葉選びも的確で巧み。

白黒はっきりさせたい性格で、誰に対してもきっぱり毅然とした態度を取るので、ゆるく生きたい人から見ると、少々圧が強めかも。

あなたのほうも優柔不断で曖昧な態度を取る人には、苦手意識をいだきがち。そのため、人間関係は比較的ドライなものになることが多そうです。

また、上昇志向が強く“ひとかどの人物になりたい”という野心を常に抱いている人も。

得意の話術で自分を売り込み、多少無理めな目標でも果敢に臨むなど、精力的にステップアップを目指すことでしょう。

悟明老師(ウーミン ラオシー)

「易屋軒命理」算命師。祖父の代から続く占術家で、一子相伝の奥義を受け継ぐ。占い歴は25年。本サイトでは東洋の占星術「十二太歳宮理論」に基づく干支の運勢を「鳥卦」によって詳細に解説。
台北市饒河街夜市内(饒河街220號の前)での鳥占いは、連日、長蛇の列ができる人気ぶり。生まれ年と質問を伝えると、神鳥が中国タロットのカードをついばみ、先生が解読。探し物が見つかるとのクチコミ多数。
鑑定は17時30分~23時まで。鳥卦(約10分)は、一問につき300元。通訳を希望すれば、専属の通訳者がネット電話ごしに説明してくれる。鳥卦以外にも紫微斗数、四柱推命などのパーソナルな占いの依頼も可能。電話番号:0930-763-546(中国語対応)

文=堀 由美子
イラスト=さじきまい

悟明老師

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加