王妃アントワネットの劇場、ロックダウンで人がいないうちにお色直し

王妃アントワネットの劇場、ロックダウンで人がいないうちにお色直し

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/02/24

仏ベルサイユ宮殿の敷地内にマリー・アントワネットが建てた王妃の劇場(2021年2月2日撮影)。

【AFP=時事】1789年のフランス革命中に処刑された王妃マリー・アントワネットが自分のために建てた劇場は、繊細な手入れが必要とされる歴史ある至宝で、新型コロナウイルスの流行の有無にかかわらず、この舞台で上演が行われることはめったにない。 ベルサイユ宮殿の保存管理責任者、ラファエル・マッソン氏によると

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加