〈新潟の天気〉5月14日・15日 空気ヒンヤリ... 日中でも羽織るものを!

〈新潟の天気〉5月14日・15日 空気ヒンヤリ... 日中でも羽織るものを!

  • 新潟ニュースNST
  • 更新日:2022/05/13
No image

NST新潟総合テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

木村滉気象予報士がお伝えする〈新潟の天気〉

13日の県内は朝まで雨が降っていました。12日の日中、上空にはハロが発生し、天気が下り坂となるサインが出ていました。予想通り夜には雨。

そして13日の日中なんですが、またハロが発生していました。ということは、この後、再び雨が降り出すということになります。

雨の予想を見ていくと…

13日午後7時、この時間には広く降り始めそう。上越や中越ではすでに降り出しているところもあります。この先も見ていくと14日の午前中にかけて広い範囲で雨が降り続く予想です。昼頃になると次第に沿岸部から雨雲がとれ、山沿いでも夕方には止んでくるとみています。

14日午前中は、雨具が活躍しそうです。お帰りが午後になる方は、置き忘れにご注意ください。

【14日(土)・15日(日)の天気】

14日の昼頃まで雨が降るのは、梅雨前線と低気圧の影響。次第に抜けて行くので、天気は回復へ。夕方や夜には雲がとれてきそうです。

ただ、西から高気圧が近づくため、西高東低の冬型になるんですよね。北から寒気が流れ込み、気温は大幅に下がりそう。

15日も同じような状況となり、また寒気に伴う雲が広がりやすい予想です。

詳しく見ていくと…

14日午前中までは全域で雨となりそうです。15日は雲が多いですが、晴れ間もあり、天気の崩れはない見込みです。

そして、最高気温は14日が18℃前後、15日も19℃前後までしか上がらず、13日より5~9℃ほど下がるでしょう。日ざしも少ないので、空気もヒンヤリとしてきそうです。

【14日・15日のポイント】

14日の昼頃まで雨。気温は大幅に下がる予想。日中でも羽織るものが必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加