ワーママにおすすめツナコーンのチヂミ15分レシピ!残りご飯を活用できて子どもにも人気

ワーママにおすすめツナコーンのチヂミ15分レシピ!残りご飯を活用できて子どもにも人気

  • たべぷろ
  • 更新日:2020/08/01

富山在住、子どもとクッキングママのsanaです。今回は子どもの好きなものをギュッと詰め込んだツナコーンのチヂミを紹介します。チヂミはお好み焼きよりも薄いのですぐに焼けて時短につながります。また水の代わりに牛乳を入れることによりカルシウムも補給できます。ご飯も入っているのでモチモチ食感、腹持ちもいいですよ。15分で仕上がるので働いて忙しいママにもおすすめしたいレシピです。

子どもがパクパク食べてくれるモチモチ食感

仕事で疲れていても毎日やってくる夕飯の支度。時間が無くてもなんとか子どもには栄養のあるものを食べてもらいたいなぁと、私も試行錯誤を繰り返しながら作っています。そんなときについイライラしてしまうのが、作ったご飯をあまり食べてくれなかったとき…。せっかく作ったのに!と言う気持ちがわいてしまうんですよね。

そこで考えたのがこのチヂミです。子どもの好きなものをギュギュっと詰め込んでみたんです。するとこれが好評でした。ツナとコーンとマヨネーズって黄金トリオですよね♪ふんわりモチモチした食感も子どもには食べやすいみたいです。

【材料】(2枚分)
薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ半分
粉末だしの素 小さじ半分
牛乳 100cc
ツナ缶 半分
コーン 大さじ3
マヨネーズ 大さじ1
チーズ 20g
醤油 小さじ1
ご飯 100g
サラダ油 大さじ1

【作り方】
1.ボウルに薄力粉・ベーキングパウダー・粉末だしの素を入れて混ぜ合わせる。

No image

2.牛乳・醤油を入れて混ぜ合わせる。

No image

3.ツナ・コーン・マヨネーズ・ご飯・チーズを入れて混ぜる。

No image

4.フライパンにサラダ油を入れて熱したら生地を流し入れ、両面カリッと焼いたら完成。

No image

焼き時間が短いってかなり時短につながるんです♪

時々キャベツをたっぷり入れたお好み焼きを作るのですが、ふっくらと仕上げるためにはある程度の厚みが必要ですよね。そうすると焼き時間が8~10分くらいかかってしまいませんか? もちろん時間に余裕のあるときならいいのですが平日の仕事終わりとなるとちょっと厳しいものがあります。

だって焼く枚数は1枚じゃないですよね。家族分焼くとなるとそれだけ時間がかかってしまうんです。また何枚も焼いているとフライパンが熱くなってしまい、後から焼くお好み焼きは表面が焦げてしまうのに中が生焼け…と言うことも…。

う~ん…。そうなると結構ショックなんですよね。

その点チヂミは薄く焼くので焼き時間は4分ほどでしょうか。薄い分中が生焼けになってしまうことも少ないので、忙しいときにもってこいのレシピなんです。

No image

ちょっと残ったご飯もおいしく食べきれるのが嬉しい♪

ご飯を炊くと、毎日ちょっとずつ余ってしまいます。ご飯が足りなくなると困るのでつい多めに炊いてしまうんですよね。その余ったご飯をいつ食べるのかにいつも頭を悩ませてしまいます。

小さいおにぎりにしたり、私がチンして食べたりしているのですが、やはり炊き立ての美味しさには敵わないというか…味は落ちてしまうんですよね。

でもチヂミの中に入れてしまえば最後まで美味しく食べきることができます。このチヂミを作るようになってから、むしろチヂミ用のご飯の分を用意するようなってしまいました(笑)

またこのチヂミの具材はツナとコーンのため包丁で切る必要がないのも嬉しいですね。もちろん具材はアレンジ可能なのでいろいろ楽しんでみてくださいね。

子どもとクッキングママ sana

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加