プジョー 3008、レッドナッパレザーシートなどを備えた特別仕様車発売

プジョー 3008、レッドナッパレザーシートなどを備えた特別仕様車発売

  • レスポンス
  • 更新日:2021/07/20
No image

プジョー 3008 GT レッドナッパ

もっと画像を見る
グループPSAジャパンは、プジョーのミドルサイズSUV『3008』にレッドナッパレザーシート、ウッドデコレーション、パノラミックサンルーフを装備した特別仕様車2モデルを追加し、販売を開始する。

プジョー3008は2021年1月に最新デザインコードのフェイスをまとい、さらに四輪駆動のPHEVモデル「3008 GT ハイブリッド4」を追加。CセグメントSUVとして、そのスタイリングと乗り味、好みに応じて選べるパワートレインが受け入れられ日本でも人気を博している。

今回発売する「3008 GT ハイブリッド4 レッドナッパ」(PEUGEOT 3008 GT HYBRID4 Red Nappa)と「3008 GT BlueHDi レッドナッパ」(PEUGEOT 3008 GT BlueHDi Red Nappa)は、PHEVモデルとクリーンディーゼルモデルに、鮮やかかつ深みのある赤いナッパレザーシートとオープンポア仕上げのモダンな印象のウッドパネルのデコレーションをインストルメントパネルに配した特別仕様車。レッドナッパレザーシートはこれまで3008には設定されておらず、その色味はフラッグシップサルーン『508』の日本デビュー記念仕様「508 ファーストエディション」と同様の特別なものだ。

特別仕様車はさらにパノラミックサンルーフを備えるほか、駐車時のステアリング操作を自動で行うパークアシストと周囲の俯瞰映像を映し出す360°ビジョンなど、充実した装備となっている。

カラーはレッドナッパレザーとのコーディネイトした2色を設定。より華やかさが際立つパールホワイトと、内外装のコントラストによる精悍さが魅力のペルラネラブラックから選択できる。価格は3008 GT ハイブリッド4 レッドナッパが626万0500円、3008 GT BlueHDi レッドナッパが534万6500円。

なお、通常モデルの3008 GT ハイブリッド4も標準装備の追加を行い、仕様変更と価格改定を実施。従来オプションだったパノラミックサンルーフ、パークアシスト、360°カメラを標準化し価格は595万円(シートはテップレザー/アルカンタラ)となる。また、単体オプションとしてはブラックのナッパレザーシート(25万円)のみとなる。

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加