【INOKI BOM-BA-YE×巌流島】木村“フィリップ”ミノルが電撃参戦「今一番やりたいのは萩原京平。ルールは任せる」

【INOKI BOM-BA-YE×巌流島】木村“フィリップ”ミノルが電撃参戦「今一番やりたいのは萩原京平。ルールは任せる」

  • ゴング格闘技
  • 更新日:2022/11/28
No image

2022年12月28日(水)東京・両国国技館『INOKI BOM-BA-YE×巌流島 in 両国』の対戦カード第一弾が、11月25日(金)都内にて行われた記者会見で発表された。

この会見において、出場決定選手として第3代K-1 WORLD GPスーパー・ウェルター級王者の木村“フィリップ”ミノル(ブラジル)の電撃参戦が発表された。

No image

木村はK-1を卒業し、ボクシング転向を表明していたが、「格闘技界でやり残したことがある」と参戦を決意したという。11月21日にはK-1との契約が満了したことを発表していた。

No image

さらに「僕は異種格闘技戦がやりたい。できればRIZINの選手と戦いたいです。今一番やりたいのは萩原京平選手です。ルールは任せる。僕は決まったことをやるだけ」と、ルールはMMAでもキックルールでもいいとし、萩原の名前をあげた。今大会にはRIZINの榊原信行RIZIN CEOが協力を約束しているという。

ゴング格闘技

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加