台風15号で鶏ふん土砂流出 地下水汚染の恐れも 静岡・掛川市

台風15号で鶏ふん土砂流出 地下水汚染の恐れも 静岡・掛川市

  • LOOK 静岡朝日テレビ(ニュース)
  • 更新日:2022/11/25

静岡県掛川市の山中で、養鶏施設から出た大量の鶏のふんが川に流出し、問題となっています。掛川市は24日地下水への影響を調べるため水質分析を行いました。

掛川市南部の山中で悪臭を放つ大量の土砂。

住民によりますと、養鶏施設から出た大量の鶏のふんの不法投棄が、今年5月ごろから確認され、土砂と混じって近くの道路や川にも流れこんでいます。

[ 関連記事を読む - ニュース ]

問題の養鶏施設は近年経営に行き詰まり、現在も大量のふんが残されたままです。

西大谷川環境改善委員会 林晴美代表:
「5月21日に一番最初に汚泥を確認したんですが、そのときは車ではここまでしか来れなかった。向こうは全然人も歩けないほどでした。(最初見たとき)何だこれはですよね。本当に」

さらに被害が大きくなった要因は、今年9月の台風15号です。

土砂崩れによって鶏のふんが混じった土砂が周辺に流れ込み、悪臭の範囲が拡大しているといいます。

地下水を井戸水として利用する周辺住民は 不安と憤りを口にします。

岡本健治副代表:
「とにかくあの色の水の井戸は飲みたくなかったですね。各家庭では飲料水については買っている方が多いと思います」

Q:養鶏業者に伝えたいことは?

林晴美代表:
「何でこんなことをしたんですかと言いたい」

24日、掛川市は飲み水に影響がないか調べるため水質分析を行いました。

分析の結果は2週間ほどで分かるということです。

掛川市環境政策課 佐藤高係長:
「みなさんの飲み水の安心、安全を確保できるために、みなさんと一緒になって市も進めていきたい」

西大谷川環境改善委員会 林晴美代表:
「きれいな水で、魚のすめるような水に早く戻してほしいと、水質の数値に期待したいと思う」

LOOK編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加