【江戸川ボート・ヴィーナスS】3日目連勝と上昇カーブを描く西岡成美 さえるスタート勘は脅威

【江戸川ボート・ヴィーナスS】3日目連勝と上昇カーブを描く西岡成美 さえるスタート勘は脅威

  • 東スポWeb
  • 更新日:2022/05/14
No image

西岡成美(東スポWeb)

ボートレース江戸川の「江戸川ヴィーナスシリーズ・Yes!高須クリニック杯」は13日、予選3日目を終了。14日は準優勝戦に進出するベスト12が決定する予選最終日を迎える。

3日目を終えて得点率トップは5戦2勝、オール3連対の前田紗希。谷川里江、中村かなえ、津田裕絵、遠藤エミが追う展開だが、注目したいの3日目に連勝を飾り、勢いに乗る西岡成美(26=徳島)だ。

前半3Rはインからトップスタートを決めて逃げ切ると、後半9Rは4カドから豪快にまくって快勝。初日6着発進だったが、2日目から1、2、1、1着と上昇カーブを描き、得点率7位で予選最終日に臨む。

ピットに戻ると「連勝できて良かった」とニッコリ。機力は中堅級だが「後半は展開とスタートですね。2日目から乗りやすくなってスタートがしやすい感じです。もうこれで1艇身、質のいいスタートを行けたら」と、2日目から4走連続トップタイミングとさえているスタート勘が今節の最大の武器となっている。

2022年後期適用勝率は自己ベストの5・36をマーク。惜しくも初のA2級昇格は逃したが、直実に成長を遂げている。

「江戸川にしては乗れているのも大きい。この足をしっかりキープしたい」。予選ラストの7Rは5号艇からの一撃で、準優進出を決める。

東スポWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加