被爆者の体験を聞き高校生が絵に 戦争体験を対話で継承する広島の平和教育

被爆者の体験を聞き高校生が絵に 戦争体験を対話で継承する広島の平和教育

  • AERA dot.
  • 更新日:2022/08/06
No image

広島の基町高校で7月1日に開かれた原爆の絵制作完成披露会。絵を共同制作した被爆者と生徒が説明(photo 写真映像部・東川哲也)

広島市内にある市立基町高校の生徒たちは2007年から被爆者と一緒に原爆の絵を描き続けている。体験の詳細を聞き出し、必死になって被爆者の想いに近づき描いた絵は15年間で合計182点になった。AERA2022年8月8日号の記事を紹介する。

【作品】高校生が描いた原爆の絵はこちら(11点)*  *  *

広島の原爆ドームから北へ約1キロメートルの所にある広島市立基町高等学校。県内有数の進学校でもある同校では、個性的な平和教育を展開している。

■今回は11点の絵が完成

15年前から被爆者と生徒が組んで原爆の絵を描く「『次世代と描く原爆の絵』プロジェクト」だ。被爆者の高齢化が進む中、被爆体験の継承を実践的に行う取り組みとして注目され、東京・銀座などのギャラリーでもこれまでに3回、絵の展覧会が開かれた。

今年、7月1日。同校の日本画教室で21年度「原爆の絵制作完成披露会」が開かれた。完成した絵は11点。6人の被爆者から11人の高校生が体験を聞き、制作した。披露会では、被爆者(被爆体験証言者)が、絵に描かれたシーンを説明、生徒はどのように苦心し、どこに力点を置いて描いたかなどを説明した。

その中の一点、「お母ちゃんを探して!」。絵のほぼ中心にもんぺをはいた女学生が立ち、足元には、つぶらな瞳の幼い女の子が両足を投げだすようにして座っていた。足をけがしているのだ。彼女の手は女学生のもんペのスソをつかんでいる。女学生の横には、血を流し、呆然(ぼうぜん)と壁にもたれかかる被爆者の姿。

絵に描かれた女学生は現在広島市に住む92歳の切明千枝子さん。1945年8月6日、爆心から南東約1.9キロメートルの屋外で被爆。偶然建物の陰にいたため、大きなけがややけどは負わなかった。当時、広島県立広島第二高等女学校4年生。15歳だった。大やけどを負った叔父(母の弟)を探しに宇品の病院へ。そこで女の子に出会った。

「その子が『お母ちゃん探してきて、探してきて』と離さないんですよ。でも私は叔父を探さないといけないので、ついウソをついたんです。お母ちゃんが見つかったら、ここにいると言ってあげるからね、と。いまでも顔が目に浮かぶんです。せめてその子の名前を聞いておけばよかった……死んでしまったかもしれませんね」

切明さんは声を震わせた。

描いたのは同校普通科創造表現コース2年生の福本悠那(はるな)さん。原爆の絵を描くのは初めてだ。

「横たわっている人の脱力した感じや女子学生と女の子の表情をどう表現するか難しかった」

■絵にすると一目瞭然

被爆者と生徒は、毎年10月頃に顔合わせを行う。どんな絵にするかは被爆者が希望する。それに沿って描いてもらいたい場面、状況などを確認。その後何度も会って、構図や色、トーンなどを細かく見直し、約8カ月かけて描き上げる。福本さんは完成までに切明さんと5回会っている。切明さんがこの取り組みに参加したのは2度目。

「被爆地として大きなプロジェクトだと思います。被爆体験を口で話しても、戦争を知らない人にはわかってもらいにくい。絵にすると一目瞭然ですからね」

被爆体験証言者の一人、笠岡貞江さん(89)は12歳の時、爆心から3.5キロの江波町の自宅で被爆。両親を原爆で亡くした。絵を描いてもらうのは今回で11回目。最初の頃の絵は、被爆直後のひどいやけどを負った被爆者や、川に浮き沈みする死体、黒こげになった身体にうじが湧いている姿など、生々しく、悲惨な絵が多い。しかし最近は、ケガをした自分を祖母が治療しているシーンや、母の死を知らずに帰宅した弟が言葉を失い呆然としている場面など、少し時間が経過した時の場面が増えた。被爆直後のことだけでなく、時系列的に希望する絵を変えているのだという。

今回描いてもらったのは、被爆後、友人たちと5人で、春に入学したばかりの進徳高等女学校に向かう途中の出来事だ。渡し船で川を渡り、川べりの道に出た時、進駐軍の兵士2人とばったり出くわした。青空も見えるような日中だった。

「初めて見る外国人の兵士で、背も高くて、もうびっくりして、後ずさりして、皆で体を寄せあってね。その時の怖さを描いてもらいたかったんです」

制作したのは3年生の田邊萌奈美さん。

「天気がいい中で、不気味な感じ、すくんでいる様子を描こうとしてもなかなかうまく伝わらなくて苦労しました」

友人数人にポーズを取ってもらい、体を寄せあい、背中に回した手やしぐさで「表情」を感じさせるように描いたという。田邊さんは昨年も笠岡さんの絵を描いている。「兄妹で父親を火葬」というタイトルだ。笠岡さんから、火葬の際、「疲れや非現実感から涙などは出ず、無表情だったと言われたことがとても印象に残っています」とコメントしている。

■泣きながら描く生徒も

田邊さんは中学生の頃、基町高校のオープンスクールでこのプロジェクトを知り、自分も取り組みたいと思い進学した。

プロジェクトは広島平和記念資料館(原爆資料館)主催で2004年に始まった。被爆者が被爆証言をする際、言葉でなかなか言い表せない場面など、絵があれば体験がより伝えやすいからだ。当初は広島市立大学に委託。07年から創造表現コースのある基町高校で取り組むようになった。

07年から21年春まで指導した橋本一貫元教諭(現・非常勤講師)は依頼が来た時、まずやってみようと思ったものの難しさも感じたという。

「できあがるかどうか心配はありました。証言をただ聞き取るだけでは上っ面な絵しか出来ませんから、被爆者の想いを聞いて、描く場面の背景、ケガの状況や血の色とか根ほり葉ほり聞かないといけない。途中でやめたりしないか、トラウマになるのではないかとか考えました」

何度も描き直し、夜中にうなされ、泣きながら描いた生徒もいるという。しかし、15年間途中でやめたケースは一つもない。ただ、1カ月くらい筆を執れなくなるような生徒もいた。

「惨状を受け止めて絵として表現できない。想像力が追いついていかないという苦しみがあるんですね。被爆者の方の心境、悲しみを表現しようと、一生懸命考えてしまうわけです」

■被爆者も見直す機会に

内面的なことだけでなく、被爆者が語る言葉の一つひとつがそもそもわからない。「大八車」「ゲートル」「国民服」「もんぺ」……。被爆者の口から、聞いたこともない言葉が出る度に、質問し、資料や写真を調べるところから始めなければならなかった。ただそうした苦しみを乗り越えて描き上げることに意味があると橋本元教諭は言う。

「生徒は技術的には未熟でも、必死になって、被爆者の想いに近づこうとする。僕も一度描いたことがあるのですが、なまじいろいろ知っているもので、淡々と描いてしまい、絵に感情がこもらないんです」

「非被爆者」である高校生が「被爆者」の絵を描くとは、どういうことなのか。基町高校の取り組みを、11年から調査・研究している立教大学社会学部の小倉康嗣教授は、「一対一で聞く-語るというやりとりのなかで、『知ってるつもりでい』た被爆体験が異化されるという対話的相互行為が積み重ねられていく」と言う。異化とは、新たな気づきや意味を生み出すということだ。

そして、「(戦争体験の)継承とは、コミュニケーションなのだ」と語る。対話することで、被爆者の記憶が協働生成されるという。高校生とのやりとりの中で、被爆者自身が新たに忘れていたことを思い出し、それが、被爆者の感情を揺さぶり、刺激し、被爆者自身が自らの体験を見直していくきっかけにもなる。実際、生徒たちから質問され、全く覚えていないと思っていたことが、対話の中で少しずつ引き出されていった被爆者もいる。

この15年間で、プロジェクトに参加した被爆者は46人。制作に参加した生徒(一部教員も含む)のべ177人。両者の共同制作により、歴史の記録である182点の絵が誕生した。(ノンフィクション作家・高瀬毅)

>>次の作品「つまずいたのは炭化した幼児だった」

>>次の作品「お骨が入った紙袋」

>>次の作品「爆風で吹き飛ばされて」

※AERA 2022年8月8日号

高瀬毅

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加