SKオンとエコプロ、中国系GEM、インドネシアにニッケル中間財の工場を建設へ=韓国

SKオンとエコプロ、中国系GEM、インドネシアにニッケル中間財の工場を建設へ=韓国

  • WoW!Korea
  • 更新日:2022/11/25
No image

インドネシア工場設立に向けたMOU締結の様子(画像提供:wowkorea)

バッテリー大手「SKオン」は24日、韓国のバッテリー材料会社「エコプロ」、中国の前駆体メーカー「格林美(GEM)」と、インドネシアにおけるニッケル中間財工場の設立に向けた覚書(MOU)を締結したと25日、発表した。

これにより3社は、インドネシアのスラウェシ州にあるモロワリ工業団地に「ニッケル・コバルト混合水酸化物(MHP)の工場」を建設し、2024年7~9月期から純ニッケル年3万トン分に相当するMHPを生産する。

また3社は今後、同じ州のヘンジャヤ鉱山から産出されるニッケル酸化鉱を確保する計画だ。これを原料にMHPを作り、高圧硫酸浸出(HPAL)による製錬工程を導入する。

3社が生産するMHPは、バッテリー用前駆体の生産に使われる硫酸ニッケルの主原料として注目を集めている。他の中間財よりも安定的で、かつ価格も相対的に安価なためだ。

さらに3社は、インドネシア工場で生産するMHPを使い、韓国で硫酸ニッケルや前駆体を生産することも視野に入れている。米国と自由貿易協定(FTA)を締結した韓国で硫酸ニッケルを調達し、米国での電気自動車(EV)用バッテリー生産に投入できれば、SKオンは米国のインフレ抑制法(IRA)におけるEV向け補助金支給の対象となることに期待できる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加