朝倉未来が公式インタビューに約3時間遅刻「すみません。練習をしていました」 25日に超RIZIN

朝倉未来が公式インタビューに約3時間遅刻「すみません。練習をしていました」 25日に超RIZIN

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/09/26
No image

インタビューに応じる朝倉未来

格闘技興行「超(スーパー)RIZIN」(25日、さいたまスーパーアリーナ)で、プロボクシング元世界5階級制覇王者のフロイド・メイウェザー(45)=米国=とボクシングルールでエキシビションマッチを闘う総合格闘家の朝倉未来(みくる、30)=トライフォース赤坂=が23日、東京・目黒区のウェスティンホテル東京で出場選手インタビューに出席。「早くやりたい。勝ちに、倒しにいきますよ」と決意を述べた。

メイウェザーが22日の公開練習に寝坊で約1時間遅刻したが、朝倉はこの日、約3時間遅れて会場に現れた。「すみません。スケジュール管理不足で練習をしていました」と謝罪した。メイウェザーの公開練習を動画で見たといい「太鼓の達人みたいだなと思った。音ゲーやってんのかなって。見せ物じゃないですかあれ。あれってどちらかというとトレーナーがすごいと思う」と軽打を高速で繰り出すメイウェザーのミット打ちの感想を語った。

ただ「彼はすごい努力家だし、臆病な性格だと思うので。俺の(過去の)試合を見ていないとか言っても、めちゃくちゃ研究しているだろうし。すごい練習をしてきていると思う」とメイウェザーの本気度を感じとったという。

詳細が発表されていないルールについては「すごいうるさいんですよね、メイウェザーが。足を上げるのも駄目だし、投げても駄目だし、事細かく言ってきているので。ほぼほぼ何にもできない。本当にきれいなボクシングしかできないルールっていうことがわかった。ビビっちゃってるんじゃないですか。足を上げるフェイントを使うのも駄目って言っていたので。想定外ですね」と困惑していた。

2、3カ月間はほとんどボクシングの練習ばかりをしてきたが「けんかだと思っているので気合っすね。技術うんぬんじゃ勝てないんで。根性でいきたい。きれいに闘おうとすると、彼の思った通りの試合になっちゃうので。顔がボコボコになっても、もらいながら強烈な右を入れてやろうかなと思う」と大金星を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加