愛犬のために今からでもとれる資格5選!どうやって受けたらいいの?

愛犬のために今からでもとれる資格5選!どうやって受けたらいいの?

  • わんちゃんホンポ
  • 更新日:2022/01/17
No image

️「犬の資格」をとるには?

No image

「犬の資格」をとるための学習方法には、通学・通信講座・独学の3種類があります。

通学:専門学校、カルチャースクールに通う

通信講座:テキストやオンラインで学ぶ

独学:市販のテキストを用いて1人で勉強する

検定試験の頻度は様々ですし、なりたい職種や資格取得の目的によって、最適な学び方が変わってきます。

通学・通信講座を検討中の方は、資料を請求して身につく知識、サポート内容を確認してみましょう。

今回は「通信講座」に比重を置いて、資格の一部をご紹介していきます。

️通信講座でとれる「犬の資格」

No image

1.ドッグシッター

犬の気持ちを考え、家族の一員としてトレーニング技法や健康管理の知識を身につけるのが「ドッグシッター」の資格です。

基礎知識はもちろん、犬のお世話全般に関する理解を深められます。

2.ドッグトレーナー

「ドッグトレーナー」は、各団体・学校が独自に制定している民間資格です。

その中で代表的な資格といえば、日本ドッグトレーナー協会(略称:JDTA)が認定する『ドッグトレーナーライセンス』です。

難易度別で、A級・B級・C級の3つに区分されています。

3.ペット介護士(動物介護士)

ペットの医療が大きく進歩し、ペットの高齢化が進んでいます。

老化は、認知症の発症や各器官の機能低下によって、適切なケアが求められます。

犬の不安を取り除き、優しく介護するために、社会的に「ペット介護士」のニーズが高まっています。

4.犬猫ストレスケアアドバイザー

ストレスは、人間だけが感じているものではありません。

犬や猫もストレスを抱えていて、ストレスサインを発しているのです。

「犬猫ストレスケアアドバイザー」は、ストレスの原因や症状、対処法を学ぶことで、心と体の不調改善に役立ちます。

5.愛犬家庭料理士

犬を飼っていると、誰もが一度は憧れる手作り食。

自ら選んだ食材を使って、一手間手を加えた美味しいごはんを食べてくれたら、嬉しい限りですよね!

「愛犬家庭料理士」は、栄養学や食材の理論を習得し、手作り食のレシピやコツを学びます。

️通信講座のメリット・デメリット

No image

自宅にいながら勉強できる通信講座。その需要は増えつつありますが、メリットとデメリットについて考えてみましょう。

メリット

通学時間がない

スキマ時間に自分のペースで勉強できる

比較的費用が安い

デメリット

スケジュール管理ができない人は続かない

独りで勉強していると刺激が無く飽きてしまう

昨今では、ネットワーク環境の整備やスマートフォン・タブレットの普及により、通信講座の内容が充実してきています。

従来の「テキスト教材」での学習に加え、「DVD視聴」「Web講義」などがカリキュラムに組み込まれていたりするので、自分にぴったりの講座を探してみてください。

️まとめ

No image

動物に関わる資格において、獣医師は国家資格ですが、それ以外の資格はほとんど民間資格となっています。

たくさんの資格があって、どれを受けたら良いのか悩む方もいるでしょう。

中にはW資格取得が可能な通信講座もあります。

手当たり次第に探すと疲れてしまうので、自分のゴール設定を明確にした上で、希望条件にマッチした内容の情報収集をおすすめします。

犬の生態を知ることで、愛犬に対する愛情も深まっていくのではないでしょうか。

■この記事を見た人はこんな記事も見ています!

犬が『信用していない人』にする行動4選

*********************

■わんちゃんホンポ

わんちゃんホンポは、ドッグオーナーさんとその愛犬自身の生活環境がより良く素敵なものになることを目指し、様々なおすすめ情報やツールを提供しています。

<ライター情報>
_ayu.0629_

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加