セブイレブン、3000台の車両にドラレコサービスを導入へ

セブイレブン、3000台の車両にドラレコサービスを導入へ

  • レスポンス
  • 更新日:2021/04/06
No image

セブンイレブンの配送車(参考画像)

もっと画像を見る
セブンイレブン・ジャパンは4月5日、社有車に三井住友海上火災保険のフリート契約向けドライブレコーダー・テレマティクスサービス「F-ドラ」と「フォーセーフティ~ながら運転防止支援サービス~」を順次導入すると発表した。

今回は約3000台への導入となり、1000台を超える社有車への導入はセブンイレブンが初めて。

F-ドラは専用ドライブレコーダーで「企業・従業員の事故・緊急時」「事故防止取組」「運行管理」をサポートする三井住友海上のフリート契約者向け有償サービス。フォーセーフティはシガープラグ型の専用端末とスマートフォンアプリによって車が一定速度を超過するとスマートフォンを操作できなくするサービス。

セブンイレブンでは、社員が安全に運転する環境を整え、重大事故を未然に防ぐことにより、社員の生活を守ることを目指してサービスを導入する。

レスポンス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加