海きららのイルカ「アイル」天国へ 国内4例目の人工授精で誕生

海きららのイルカ「アイル」天国へ 国内4例目の人工授精で誕生

  • KTNテレビ長崎
  • 更新日:2021/09/15
No image

テレビ長崎

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

九十九島水族館海きららは、子イルカの「アイル」が13日死んだと発表しました。

アイルは国内4例目の人工授精で誕生し、9月27日に3歳の誕生日を迎える予定でした。

佐世保市の九十九島水族館 海きららのハンドウイルカ「アイル」。

2018年9月、24時間体制でスタッフが見守る中、国内4例目の人工授精で生まれました。

イルカショーではお母さんのニーハに負けじと一生懸命ジャンプ。

その愛らしい姿に多くの市民が魅了されました。

海きららによりますと、アイルは8月末から体調を崩し治療を行っていましたが、13日夜、死んだということです。

イルカトレーナーの佐藤 瞭一 さんは「生まれる前から注目され、愛されていたアイルは幸せ者だったと思う。学ぶことも多く感謝の気持ちが大きい」と話しています。

海きららは現在休館中ですが、9月18日から入り口に献花台を設置します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加