アンソニー・ホプキンスが認知症の父演じた「ファーザー」5月に公開

アンソニー・ホプキンスが認知症の父演じた「ファーザー」5月に公開

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2021/01/14

「羊たちの沈黙」のアンソニー・ホプキンスが主演を務めた「The Father」が、「ファーザー」の邦題で5月に公開される。

No image

「ファーザー」

本作は認知症になった父親アンソニーと彼を介護する娘アンの姿を通して、老いによる喪失と親子愛を描く人間ドラマ。アンソニーをホプキンス、アンを「女王陛下のお気に入り」のオリヴィア・コールマンが演じた。

監督を務めたのは、原作となった舞台を手がけたフランス人劇作家フロリアン・ゼレール。「危険な関係」のクリストファー・ハンプトンとゼレールが共同で脚本を手がけた。なお舞台版は日本でも2019年に上演され、橋爪功と若村麻由美が出演した。

「ファーザー」は東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。

(c)NEW ZEALAND TRUST CORPORATION AS TRUSTEE FOR ELAROF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION TRADEMARK FATHER LIMITED F COMME FILM CINE-@ ORANGE STUDIO 2020

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加