高校女子は初優勝狙う共立女二が首位に5打差4位発進 全国高校・中学選手権団体の部

高校女子は初優勝狙う共立女二が首位に5打差4位発進 全国高校・中学選手権団体の部

  • 日刊スポーツ(スポーツ)
  • 更新日:2022/08/06
No image

団体女子で首位に5打差4位発進の共立女二。左から佐藤、茶木、上田、岡安、萩生田(撮影・吉池彰)

<ゴルフ:全国高校・中学選手権団体の部>◇第1日◇6日◇高校男女=栃木・サンヒルズCC(男子6853ヤード、女子6226ヤード)、中学男女=同・ピートダイGCVIPコース(男子6704ヤード、女子6257ヤード)◇各パー72◇◇出場=高校男子36校、同女子35校、中学男子14校、同女子11校◇日刊スポーツ新聞社後援

各校4選手中上位3人の合計スコアで争う団体戦。高校女子は初優勝を狙う共立女二(東京)が、首位の日章学園(宮崎)に5打差の9アンダー4位で発進した。同男子も日章学園(宮崎)が15アンダーで首位に立った。日章学園(宮崎)は中学男子でも2アンダーで首位、同女子は聖霊(愛知)が9オーバーでトップに立った。

共立女二はナショナルチームの上田澪空(みく、2年)が6アンダーでチームをけん引した。6バーディー、ノーボギーと抜群の安定感。とくに目標スコアは立てなかったが、「いけるところまで行こうと思ってプレーした」。前半を4アンダーで終え、後半は連続バーディースタート。どこまで伸ばすか期待されるも、伸び悩み、最終18番のバーディーパットを「読み過ぎて外した」。

それでも好位置で第1日を終え、晴れやかな表情を浮かべると、最終日の自身のプレーについて「明日は上手な人と回ると思うので楽しみたい。楽しんだ先に優勝があればうれしい」と上田は笑顔見せた。そして「みんなやってくれると思う」とチームメートの活躍に期待していた。

◆第1日上位成績

<高校男子>

【1位】日章学園(宮崎)=201(丸尾67、中山71、林73、古川63)

【2位】大院大高(大阪)=203

【3位】興国(大阪)=209

【3位】日本ウェルネス(茨城)=209

<高校女子>

【1位】日章学園(宮崎)=202(荒木67、福田66、外園70、菅69)

【2位】ルネサンス大阪(大阪)=204

【2位】滝川二(兵庫)=204

<中学男子>

【1位】日章学園(宮崎)=214(岡村76、佐々木72、長崎煌73、長崎大69)

【2位】甲南(兵庫)=229

【3位】埼玉栄(埼玉)=239

【3位】明徳義塾(高知)=239

<中学女子>

【1位】聖霊(愛知)=225(伊藤68、金谷80、小宮77)

【2位】共立女二(東京)=226

【3位】沖学園(福岡)=227

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加