夜の愛宕公園 イルミが彩り/野辺地町観光協会・21日まで

夜の愛宕公園 イルミが彩り/野辺地町観光協会・21日まで

  • Web東奥|東奥日報社
  • 更新日:2022/08/07
No image

夜の愛宕公園を彩るイルミネーション

青森県野辺地町の愛宕公園で5日から、「のへじ光物語 HIKARI-STORY2022」と銘打ったイルミネーションの点灯が始まった。緑や青、ピンクなど色とりどりの光が夜の公園内を彩っている。

同公園でのイルミネーション点灯は初めて。町観光協会(理事長・野村秀雄町長)が主催した。高さ最大10メートルの光のトンネルや北前船を模したイルミネーションなどが飾り付けられている。12日以降、追加の点灯もあり、合わせて10万個の電球がともるという。

点灯式では野村町長が「町のPR、活性化に寄与してほしい」とあいさつ。馬門小学校の児童8人と関係者がスイッチを押すと、一斉にイルミネーションがともった。

21日まで午後6時半~9時15分に点灯する。12、19の両日は名産品販売コーナーなどが設けられる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加