時津風親方に退職勧告 相撲協会「最大限に考慮しても相当と判断」

時津風親方に退職勧告 相撲協会「最大限に考慮しても相当と判断」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/02/23

日本相撲協会は22日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、1月の初場所中にマージャン店に行くなど、協会の新型コロナウイルス予防対策のガイドラインに違反した時津風親方(47)=元幕内・時津海、本名・坂本正博、長崎県出身=を退職勧告とすることを決めた。退職金は30%減額。既に退職届は提出されており、同日付で同部屋の師匠は間垣親方(元幕内・土佐豊)が継承することも承認された。

No image

時津風親方

時津風親方は昨秋にも不要不急の外出禁止期間に地方でゴルフをするなど違反を犯し、委員から年寄への2階級降格処分を受けた。2度目の違反で厳罰は避けられない状況のなか、協会はこの日コンプライアンス委員会からの答申を受け、処分を審議。初場所は83人が休場した危機的状況のなか、時津風親方の取った行動は弟子ら部屋の力士、関係者らに感染する危険もあった。協会は「身勝手な行動はすべての関係者の思いを踏みにじった。協会員としての自覚もない。13年間師匠として貢献し反省して退職届を出しているが、最大限に考慮しても退職勧告が相当と判断した」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加