米バークシャー、オキシデンタル株買い増し 保有比率16%超

米バークシャー、オキシデンタル株買い増し 保有比率16%超

  • ロイター
  • 更新日:2022/06/23

[22日 ロイター] - 米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが米石油・ガス大手オキシデンタル・ペトロリアムの株式を960万株追加購入し、保有比率を16.3%に高めたことが分かった。

No image

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが米石油・ガス大手オキシデンタル・ペトロリアムの株式を960万株追加購入し、保有比率を16.3%に高めたことが分かった。写真はバフェット氏。2018年5月6日に米ネブラスカ州オハマで撮影。(2022年 ロイター/Rick Wilking)

規制当局への22日の提出文書によると、購入した時期はここ1週間で、取得費用は約5億2900万ドル。バークシャーは先月に3億3600万ドル、それ以前にも今年に入って70億ドル相当のオキシデンタル株を取得している。

今回の買い増しにより、バークシャーが保有するオキシデンタル株は約1億5270万株となった。22日終値で計算すると約85億2000万ドル相当となる。

同社はオキシデンタル株8390万株を購入するオプションも保有しており、行使すれば保有比率は25%を超える。

バークシャーは今年、投資を拡大しており、第1・四半期には石油大手シェブロン株の買い増しを含め株式に511億ドルを投じた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加