ロッテ藤原がまた先頭打者弾! プロ1号から2発連続は67年ぶり2人目の快挙

ロッテ藤原がまた先頭打者弾! プロ1号から2発連続は67年ぶり2人目の快挙

  • フルカウント
  • 更新日:2020/10/16
No image

2号ソロを放ったロッテ・藤原恭大【画像:パーソル パ・リーグTV】

2ボールから日本ハムの先発・杉浦の直球を右翼スタンド中段へ

■ロッテ – 日本ハム(16日・ZOZOマリン)

ロッテの藤原恭大外野手が16日、本拠地での日本ハム戦で先頭打者弾となるプロ2号を放った。14日の楽天戦で放ったプロ1号も先頭打者アーチで、初弾から2発連続しての初回先頭打者本塁打は、パ・リーグでは1953年の毎日・栗木孝幸以来、67年ぶり2度目となる快挙となった。

藤原は初回、カウント2ボールから日本ハムの先発・杉浦の139キロ直球に反応。打球は大きな弧を描き、右翼スタンド中段に飛び込んだ。2年目を迎えたドラフト1位は、3戦2発と完全覚醒を見せ始めた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加