最強寒波、26日も冷え込み続くか 交通網や生活直撃、姫路城は雪で初の終日入城規制

最強寒波、26日も冷え込み続くか 交通網や生活直撃、姫路城は雪で初の終日入城規制

  • 神戸新聞NEXT
  • 更新日:2023/01/26

今季最強の寒波の影響を受け、兵庫県内は25日、各地で積雪し、朝の混雑時間帯から交通網がまひした。JR西日本は神戸線などで運転見合わせが相次ぎ、私鉄もダイヤが乱れた。明石海峡大橋を含む神戸淡路鳴門自動車道は一時全線通行止めとなり、岡山県境の国道2号では事故を原因とする長い渋滞が発生した。休校も相次いだ。

No image

積雪の影響で、車列がほとんど動かなくなった国道2号=25日午後、たつの市揖保川町

神戸地方気象台によると、兵庫県内は全20観測地点で氷点下の冷え込みとなった。三田市で氷点下7・2度、姫路市で同4・8度、豊岡市で同3・2度、神戸市で同2・9度、洲本市で同1・9度を記録し、12地点で今季最低となった。

25日午前5時時点の積雪は香美町・兎和野高原で54センチ、朝来市和田山で28センチ、豊岡市で14センチ、神戸市中央区で2センチだった。同区の観測地点で1センチ以上を記録したのは2015年1月以来、8年ぶりとなった。

JR西は神戸線や宝塚線など多くの路線で運休した。山陽電鉄も始発から一時運転を見合わせたほか、ポートライナーは車両故障などで遅れ、通勤客らが足止めされた。JR西は、26日は近畿エリアの全線で始発から一部特急を除いて通常運転するとしている。

25日午前5時半ごろ、神戸市灘区のハーバーハイウェイ下り摩耶出口付近で乗用車やトレーラー計12台が絡む事故があり、2人が軽傷を負った。雪の影響も続き終日通行止めとなった。

24日午後4時から続いた神戸淡路鳴門道の明石海峡大橋の通行止めは、25日午後1時すぎに解除された。国道2号では24日に赤穂市内でスリップ事故が発生し、25日には岡山県で最大約25キロ、兵庫県で少なくとも約6キロの車列ができた。

また、兵庫県によると、丹波市で農業用のパイプハウス3棟が全半壊した。

姫路市は、世界文化遺産・国宝姫路城の公開を取りやめた。雪の影響で入城を終日規制したのは初めてという。加古川ヤマトヤシキ(加古川市)は一部を除いて全館休業した。

県教育委員会によると県内の公立小中高などでは、雪の影響でほぼ半数に当たる565校が休校。始業時間を繰り下げる「自宅待機」の対応を取った学校も目立った。大学入試にも影響は広がり武庫川女子大学(西宮市)、大手前大(同)、兵庫医科大(同)、神戸常盤大(神戸市長田区)などは試験開始を遅らせた。

同気象台は、県内の降雪のピークは過ぎたとして25日、県北部と南部の一部に出していた大雪警報を解除した。しかし26日も冷え込みが予想され、路面や水道管の凍結に注意を呼びかけている。27日は山間部を中心に再び雪が降る見込み。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加