ランボルギーニ初のオフローダー「ウラカン ステラート」の市販型デザイン? プロトタイプが公式リーク

ランボルギーニ初のオフローダー「ウラカン ステラート」の市販型デザイン? プロトタイプが公式リーク

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2022/09/23

■パリモーターショーデビュー? ルーフレールやワイドフェンダーエクステンションを装着

ランボルギーニが開発中のオフロードスーパーカー「ウラカン ステラート」市販型の最新プロトタイプが公式リークされました。

No image

ランボルギーニ ウラカン ステラート 市販型 ティザーイメージ

最新プロトタイプは、ブルーをテーマにしたカモフラージュのカラーリングに身を包んでいますが、ルーフレールを装着。

未塗装のボルトオンワイドフェンダーエクステンション、ノーズに取り付けられた追加のLED、新設計されたインテーク、エンジンカバーの大きなスクープ、ディフューザーなどが確認できるほか、足回りにはブラック塗装マルチスポークアルミホイールも装着しており、最終市販型へぐっと近づいている様子がうかがえます。

No image

ランボルギーニ ウラカン ステラート 市販型 ティザーイメージ

ウラカン ステラートは、「Evo AWD」「テクニカ」「STO」と同様に、ミッドシップに自然吸気の5.2リッターV10を搭載。最高出力640ps・最大トルク601Nmを発揮すると予想されています。

おそらくウラカンシリーズ最後のV10エンジンになると思われ、デュアルクラッチギアボックスとAWDシステムは、オフロード性能を向上させるために調整されている可能性が高いようです。

ステラートコンセプトは2019年にデビュー、標準のウラカンより1.85インチ(47mm)高いサスペンションを備え、前後のトラックは1.18インチ(30mm)広くなっています。またフロントにアルミボディ補強を追加し、サイドスカートを補強、フロントとリアの下部スキッドプレートは機械部品を保護してくれます。

インテリアでは、チタン製のロールケージ、アルミ製のフロアパネル、カーボンファイバー製のシェルを備えたシートなどがみられましたが、果たして市販型でどこまで反映されるか注目です。

ウラカン ステラートのワールドプレミアですが、最新情報によると10月17日に開幕する「パリモーターショー2022」が有力のようです。

(APOLLO)

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

あわせて読みたい

メルセデス・ベンツ Eクラス クーペ/カブリオレ改め「CLE」の内部を初激写

「M140i」3年ぶり復活なるか?BMW・1シリーズ改良型の高性能モデルをキャッチ

レベチな走りを見ろ!ポルシェボクスター歴代最速「718 スパイダーRS」がニュルに降臨【動画】

BMW M5次期型は初のモーターアシスト搭載。歴代最高の750馬力モデルも登場

世界最高峰ワゴン、ベントレー「マリナー バトゥール シューティングブレーク」を提案

APOLLO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加